« 日本の古典芸能3『能 中世芸の開花』 | トップページ | 奈良の休日 »

小鼓のお稽古 笠之段(芦刈)3回目

小鼓のお稽古、芦刈3回目。
今日は、完璧とはいえないけど、なんとかクリアして次へ進む気満々だった。

なのに…

一カ所間違えると、次の手がでてこず、打てない。
同じ所で何度もつまずき、打てない。
焦ってコミがとれずに、打てない。
汗が吹き出て気になって、打てない。
あまりにもできないので、自分でもおかしくて、つい笑ってしまい、打てない。

でも鼓を打っていて、良い音が耳元に響き、指に振動が伝わると、薬師丸ひろ子風に快感〜と顔がゆるんでしまう。
プの音、チとタの音が、うま〜くハマると気分も高揚してくる。
これで間違えずに打ち通せたら、どんなに気持ちが良いだろうか?

お稽古の帰り道、流し、トリ、ツヅケと、頭の中がグルグル。

夜は、近所の商店街のおまつりで、夜店がでる。
さざえのつぼ焼き、焼き鳥、スジ煮込み、鯛のあら炊き、イカ焼き、生ビールを買って帰り、家の前にテーブルと椅子を用意して、夕涼みしながら一杯。ささやかな幸せ。

|

« 日本の古典芸能3『能 中世芸の開花』 | トップページ | 奈良の休日 »

小鼓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/58321746

この記事へのトラックバック一覧です: 小鼓のお稽古 笠之段(芦刈)3回目:

« 日本の古典芸能3『能 中世芸の開花』 | トップページ | 奈良の休日 »