« 第1回宗一郎の会「船弁慶」事前講座へ行って来た | トップページ | 2013年千本六斎念仏(千本ゑんま堂奉納) »

春宵一刻値千金ー田村

6月の京都観世例会で、能「田村」を観る。

前場、シテの花守り童子と、ワキの旅の僧の、問答が心地よかった。
あんな間合いで誰かとコミュニュケーションできたら、すっごく楽しいだろうなあ。。

途中、大鼓の床几が壊れた。
だけど何事も無かったように、大鼓の井林久登師は、床に座って打ち続けられ、後見が別の床几を持ってきて差し替える。
びっくりすると同時に、お見事と心の中で大喝采。

能「田村」
シテ:深野貴彦
ワキ:有松遼一
ワキツレ:小林・岡充
地頭:浦田保浩
間:善竹隆平
笛:左鴻泰弘
小鼓:伊吹吉博
大鼓:井林久登

清水寺は花盛り。月の晩に行ってみたいな。(2011年撮影)

201306242

坂上田村麻呂を祀る田村堂。観世流能では田村丸(たむらまる)と言っている。(2011年撮影)

20130624

※下書きのままアップするの忘れていたので、日が前後してしまった。

|

« 第1回宗一郎の会「船弁慶」事前講座へ行って来た | トップページ | 2013年千本六斎念仏(千本ゑんま堂奉納) »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/57659866

この記事へのトラックバック一覧です: 春宵一刻値千金ー田村:

« 第1回宗一郎の会「船弁慶」事前講座へ行って来た | トップページ | 2013年千本六斎念仏(千本ゑんま堂奉納) »