« 西浦田楽 8 | トップページ | よし常の浮世の夢ばしー能にしたしむ会 »

西浦田楽 9

「地能」が終わると「はね能」が始まる。

はね能が始まった頃にはまだ暗かったが、あっという間に夜があけて明るくなった。
はね能は12番あるが、閏舞は閏年にしか演じられない。
はね能の写真は、周囲が明るいだけに、一般の人がたくさん写っているので、ブログに上げれる写真は、下の1枚だけ。
写真は「さおやま」
201306121

「はね能」が終わると祭りも終焉。
見学者も注連縄「グゾバズル」の外(内?)に移動し、舞い庭が掃き清められる。
そして「しし舞」と、観音堂に迎えた神々を元に送り返す神事「しずめ」が始まる。

しし舞
201306122

しずめ
ウォーと叫びながら天を仰ぐ姿が印象的。
201306124

左は火の王、右は水の王。それぞれの面を祓う。
201306125

夢のような一夜だった。

家に帰って関連資料や本を読むと、そういうことだったのかとか、見逃したということがたくさんありすぎる。
ぜひ来年も参列させていただきたい。


|

« 西浦田楽 8 | トップページ | よし常の浮世の夢ばしー能にしたしむ会 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/57579384

この記事へのトラックバック一覧です: 西浦田楽 9:

« 西浦田楽 8 | トップページ | よし常の浮世の夢ばしー能にしたしむ会 »