« 百万遍の五刧思惟阿弥陀如来石仏 | トップページ | 西浦田楽 1 »

平成24年吉阪若葉会

201209173

9月17日、大倉流小鼓方の吉阪一郎先生の社中の会、若葉会が、京都観世会館で開かれた。
吉阪先生に入門して約10ヶ月あまり、私にとって、初めての発表会。
独鼓「船弁慶」で、金剛流の金剛龍謹師がお相手してくださった。

出番は、番外の2曲をのぞいて1番最初。
朝早くにも関わらず、能つながりのお友達、笛のお稽古仲間、ネットつながりのお友達、会社の同僚、近所のお友達、お茶の先生、たくさん応援に駆けつけてくださった。珍しいことに、うちのダンナさんも、来てくれた♪
奇しくもこの日は、私の誕生日でもあり、最高の誕生日プレゼントとなった。
上の写真は、能つながりのお友達がくださったおおきな花かご。
本当に、本当に、ありがとうございました。

初舞台は、間違えたが、気持ちよく打てて快感。
同じ流派の小鼓を習っている笛の姉弟子さんに、初舞台にしては音も声も出ていたとお言葉をいただき、うれしかった。
ダンナさんは、緊張し過ぎで、顔が恐かったと。
会社の同僚のI氏は、仕事場でテッシュボックスで練習している姿と重なり、笑いをこらるのに必死だったそうだ。

この日の着物は、昨年、笛の発表会でも着た寒色系の段ぼかしの絽。
帯は、松の刺繍。kimono gallery晏さんの京都での展示会で運命的に出会ったもの。
夏の装いだけれど、舞台には映える。

201209171

出番が早いと、後がリラックスして楽しめる。
先輩方の舞台を拝見するのは、とても勉強になる。
今回、能を出されたのは、82歳になられる女性。
失礼ながら、その歳にはまったく見えないお若さ。
好きなことに打ち込んでいると、若さを保てるとのこと。
見習うべし、見習うべし。

吉阪先生の息子さん倫平君も初舞台。
日頃、お稽古の様子をみているので、母親のような気持ちで見守る。
満場の拍手。これからが楽しみ。

能楽囃子好きにとって、囃子方の社中の会は、パラダイス。
丸一日、どっぷりと能楽囃子にひたる。
次回の舞台へ向けて、これからも精進、精進。

201209172

|

« 百万遍の五刧思惟阿弥陀如来石仏 | トップページ | 西浦田楽 1 »

小鼓」カテゴリの記事

コメント

その節ははありがとうございました!
画像を拝見しました。
舞台でとても映えたとのこと、嬉しいです・・
実物を拝見したかったです!

お疲れ様でした♪

投稿: tomida | 2012.10.10 18:29

ミロクさん ありがとうございます!
まだ夢心地な気分です。
舞台には魔物がいて、その魔力に取り憑かれたら、離れられなくなるのかもと、妄想しています。
次は来年の9月の笛の発表会へ向けて、がんばります!何の曲になるのかなあ〜
来週のお稽古で、楽の唱歌をいただくのが楽しみです。

投稿: ヨウダ | 2012.09.22 23:32

お疲れ様でした。
そして、今頃ですがお誕生日おめでとうございます〜♪
立派な舞台に、これまた品があって素敵なお着物!
涼やかに爽やかに、鼓を構えるお姿 想像しただけで画になります(´▽`)
そしてたくさんのお仲間に見守られ気持ち良く終えられた舞台、最高ですね!
私も今度の舞台でそうありたいな〜。
それには稽古あるのみ!ですな。
ヨウダさんはティッシュの箱?私は海苔のカンカンでーす(少し指が痛いのですが・笑)

投稿: ミロク | 2012.09.22 01:02

月扇堂さん ありがとうございます!
今までの人生で、誕生日がこんなに充実していたのは、小学校以来かもしれません(笑)

投稿: ヨウダ | 2012.09.21 20:13

あ、すみません。名無しでした。月扇堂です♪

投稿: 月扇堂 | 2012.09.21 10:37

伺えず残念でしたが、充実のお誕生日おめでとうございます!happy01

投稿: | 2012.09.21 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/55708398

この記事へのトラックバック一覧です: 平成24年吉阪若葉会:

« 百万遍の五刧思惟阿弥陀如来石仏 | トップページ | 西浦田楽 1 »