« 2012年黒川能王祇祭その1 | トップページ | 2012年黒川能王祇祭その3 »

2012年黒川能王祇祭その2

下座の王祇様は、仮設された舞台の柱に立てて祀らる。
その下には、独特な装束をつけた頭人、王祇守、提灯持が座る。

201202141

201202142

頭人、王祇守、提灯持が、舞台より王祇様へ拝礼、能太夫をはじめとする能役者さんたちも拝礼して、いよいよ始まる。

まずは、小さな男の子による「大地踏」から。
小さな男の子は、能太夫にかつがれて登場する。
舞台の中央に、王祇様がかつぎだされ、扇状に開かれる。
その下で、男の子が、寿詞を唱えて所作をする。

201202143

いったん王祇様は元の位置に戻され、今度は、男の子が寿詞を唱え、扇、刀、御幣を持ち替えながら、大地を踏み、舞台をめぐる。

201202144

大地踏は、神の舞い降りた庭を、清め祓い、祝福を与えるものだと感じる。

|

« 2012年黒川能王祇祭その1 | トップページ | 2012年黒川能王祇祭その3 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/53985865

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年黒川能王祇祭その2:

« 2012年黒川能王祇祭その1 | トップページ | 2012年黒川能王祇祭その3 »