« 2011年9月 | トップページ | 2012年2月 »

龍尾神社拝殿の龍

20120104

京都市東山区の龍尾神社の拝殿天井には、全長8メートルにおよぶ見事な龍の彫り物がある。

こちらの絵馬殿の絵馬も面白いのでチェックすべし。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

八坂神社初能奉納

3日は、分林道治師が翁を勤められるというので、初めて八坂神社の初能奉納へ行く。
早めに到着して、一番前の席に座れたのはいいけれど、防寒具を忘れて寒さにふるえることとなった。
でも翁を神社の境内にて拝見できることは、たいへん趣の深いことで、寒さも吹き飛ぶ。
教訓。この時期、屋外で観能するときは、防寒具を必ず持参すること!

「翁」
翁:分林道治 三番三:茂山茂 千歳:梅田嘉宏 面箱:島田洋海 
笛:杉市和 小鼓:曽和尚靖 竹村英敏 成田達志 大鼓:石井保彦

仕舞「岩船」金剛龍謹

| | コメント (2) | トラックバック (0)

平安神宮奉納能

喪中につき鳥居をくぐることは、はばかられるのだが、元日は平安神宮へ京都能楽会新年奉納能を、初観能。

「翁 日吉式」
翁:杉浦豊彦 千歳:味方團 三番三:茂山正邦
笛:杉信太朗 小鼓:曽和尚靖 成田達志 伊吹吉博 大鼓:谷口正壽

「高砂」
金剛龍謹 久馬治彦
笛:森田保美 小鼓:林大和 大鼓:井林久登 太鼓:前川光長

仕舞
「鶴亀」河村和貴
「東北 キリ」橋本光史
「猩々」大江信行
「八島」廣田幸稔

小舞「三人夫」茂山千五郎 茂山七五三 網谷正美

舞囃子「嵐山」
河村晴道
笛:左鴻泰弘 小鼓:林大輝 大鼓:石井保彦 太鼓:前川光範


「翁」の小書「日吉式(ひえのしき)」とは、片山慶次郎著『なんとのうええ 慶次郎雑談』(檜書店 2007)によると、昭和25年正月の平安神宮奉納能の時に、8世片山九郎右衛門師が日吉大社で元日に修せられる神事に奉納される「ひとり翁」を踏まえて創ったものだということだ。
いつか日吉大社の「ひとり翁」にも、行ってみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒中お見舞い申し上げます

寒中お見舞い申し上げます。

20120101

たいへんごぶさたいたしました。今年もよろしくお願い申し上げます。

近況を報告いたしますと、乳ガンの再発転移を予防するためのホルモン治療継続中。
ホルモン療法とは、女性ホルモンのエストロゲンと合体して増殖するがん細胞をシャットアウトすることが目的。
薬を服用することによって、エストロゲンの働きを止めてしまいます。

薬の副作用で、更年期障害と同じ症状と、関節痛に悩まされています。
特に左の手指がこわばって動きづらい。
日常生活に支障をきたすほどではないけれど、パソコンのキーボードを打つのはちょっとつらい。
何が悲しいかって、笛を吹いているとき、左指が動かないのでもつれてしまうこと。

更年期によるうつ症状と、手指のこわばりでキーボードが打ちづらく、ブログはだいぶとお休みしてしまいました。
でも能楽堂へは相変わらず通い続け、昨年は、通算146番観ました(素人・大学の自演会をあわせると、150番は越えているかな?)。
そして11月からは、念願の小鼓を習いはじめました!←むちゃ楽しい♪

今年の豊富は、大河ドラマ「平清盛」が始まるし、放置状態の平家ブログを復活させること。


| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2012年2月 »