« 神仏にいます近江 | トップページ | 片山慶次郎一周忌追善特別公演@京都観世会館 »

ノラ猫のペッちゃん

ノラ猫のペッちゃんのウ◯チの世話をして約一月がたった。

うちの家の前は、車とバイク・自転車を留めるスペースになっていて、ちょっと植え込みがある。
いつかその植え込みの土の上に、ノラ猫がウ◯チをするようになった。
この5年ほど、猫との戦いだ。
猫除けのいろんな薬剤や、置物を試してきた。
固形の薬剤、液体の薬剤、トゲトゲの敷物、ペットボトル、ビー玉の目の入った猫の置物などなど。
どれも子供だましで、猫はへっちゃら。
ひとつだけ効き目があった液体の薬剤は、人間にも臭くてがまんできなかった。

降参状態が続いたすえに、猫と共存することを思い立つ。
家の前に猫砂を設置することにした。
植え込みだと、どこにウ◯チをしたのかわからないので、臭くなる。
猫砂だと、処理しやすいのではないかと思ったからだ。
ホームセンターで猫のトイレと砂を買い、車の陰に置いてみた。
猫を飼ったことが無いので、半信半疑で様子をみる。
夕方に設置して、夜に犬たちの散歩に外へ出ると、猫砂にウ◯チが!
お水とフードを置いておいたのも、なくなっていた。

世話をすると愛情もわく。
姿を見せぬ猫にペッちゃんと名前をつけて、毎日毎日、ウ◯チの処理を続けた。
先日の私の誕生日の晩のこと、いつものように砂の処理をしていると、植え込みの中から猫がのぞいている。
初めてペッちゃんが姿を見せてくれたのだ。
そっと家の中に入り、少ししてからドアをあけると、フードを食べている。
誕生日だとわかって姿を見せてくれたの?と嬉しくなる。
茶色のでかいトラ猫。
空き家になっている隣家の屋根の上で、ひなたぼっこしている猫だ。

しかし、姿を見せたのは、その時だけ。
相変わらず幻の猫ペッちゃんのウ◯チの処理を続ける毎日だ。
ペッちゃんと呼んだら、ニャーと応えてくれることを夢見ながら。。

|

« 神仏にいます近江 | トップページ | 片山慶次郎一周忌追善特別公演@京都観世会館 »

「お気楽な毎日」カテゴリの記事

コメント

月扇堂さん
相変わらず姿を見せない三輪山の神みたいな猫です。
でも世話をすると、来ない(ウ◯チがない)のが心配になる始末。ミイラ取りがミイラになるってやつでしょうか。
フン闘を期待(笑)

投稿: ヨウダ | 2011.10.23 09:58

ヨウダさんは優しいですね(^^)
わたしはまだ闘いを諦めてません。この間初めて犯猫発見しましたが。もしかすると同じ猫かも! 色形が似てるわ(^_^;)

投稿: 月扇堂 | 2011.10.20 22:05

さうびさん
ペッチャンというのは、子供のころ、近所の神社に住んでいたノラにつけた名前なんです。
真っ黒でお腹と足だけが白い子でした。
人懐っこくて、自転車のカゴにのりこんできて、つれて帰れと甘えました。
うちには犬がいたので、飼えませんでした。
いつかいなくなったので、きっと誰かに飼われたのだと信じています。

芸大の猫、知ってます♪
ペッちゃんとお話したいです。

投稿: ヨウダ | 2011.09.23 22:52

ししまるさん
え〜、そうなんですか!
コメントを読んで、トイレの横に置いた餌を、離しに行きました。
さっき犬たちの散歩に出たとき、餌を奮発して缶詰をあけたのに、まだ来ていないみたい。
ダンナさんとも相談しているのですが、慣れてつかまえられるようなら、去勢避妊をさせたいと思っています。京都市が無料でやってくれるそうです。

投稿: ヨウダ | 2011.09.23 22:47

ペッちゃんの銘々の理由が気になりますが
さすがヨウダさん!楽しんでいらっしゃいますね。

京都芸大の構内にも数匹猫がいたのをご存知ですか?
話しかけると「にゃにゃにゃん」としゃがれた声で
かえしてくれる子がいました。

私の中では短毛の猫の方がおしゃべりな印象です。
お話し好きの猫は楽しいですよ♡

投稿: さうび | 2011.09.23 19:19

優しいヨウダさん♪

実は猫はご飯を食べるところには
下のものをしない習慣があります。
まして、猫トイレにするなんて
もしかすると飼い猫ちゃんだったかもしれませんね。

問題は男の子か、女の子か、、、。

女の子だったら、手術をしてあげられると、
ベストなのですが、、。

投稿: ししまる | 2011.09.23 11:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/52804093

この記事へのトラックバック一覧です: ノラ猫のペッちゃん:

« 神仏にいます近江 | トップページ | 片山慶次郎一周忌追善特別公演@京都観世会館 »