« 野馬台の詩@森ノ宮ピロティーホール | トップページ | 京都での東日本大震災チャリティー能 »

週末の観能メモほか

金土と、東京へ能を観に行ってきた。
とりあえず、忘れないうちに自分のためのメモ。

4月1日
プチ観能旅で、東京行き。

◆映画「文楽 冥途の飛脚」(監督マーティ・グロス) 東京都写真美術館
30年前に、カナダ人マーティ・グロス氏が、近松門左衛門の「冥途の飛脚」を、1時間半に編集して、海外向けに制作されたもの。日本国内で上映されることなく幻の映画となっていたものを、デジタルリマスターし、日本語字幕をつけて上映された。
音響・音楽監修は武満徹で、竹本越路大夫、竹本文字大夫(現 竹本住大夫)、竹本織大夫(現 竹本綱大夫)、鶴澤燕三(五世)、鶴澤清治、野澤錦糸(四世)、吉田玉男、吉田簑助、桐竹勘十郎(二世)ら、そうそうたる名人たちが出演している。
なんでこんなに人形が艶っぽく艶かしいんだろう!

◆第3回萬歳楽座 国立能楽堂
能楽笛方藤田流宗家藤田六郎兵衛が主宰する会。
小鼓四流の聴き比べで、一調が4つ。狂言「石神」(野村萬斎・野村万作)。能「熊野」読次之伝・村雨留・墨次之伝・膝行留(観世清和)。
六郎兵衛師が、最初に挨拶に出られて、公演を中止にするか迷われたこと、今の思いを語られ、自分にできることは一生懸命に笛を吹くこととおっしゃらた。そして被災で亡くなられた方々のために、一管で「双調音取」を、手向けられた。藤田流で人を葬る時に吹く手(ユリを常は5つなのを8つ吹く)で吹かれた。心にしみじみと沁み入る。

4月2日
庭のホテルに宿泊。とっても満足。定宿にしたい。

◆「白洲正子 神と仏、自然への祈り」 世田谷美術館
昨年、滋賀県立美術館に来たのを見逃したので、うれし。
寺社めぐりと仏像が大好きだった(今も好きだけど)学生時代、白洲正子の著書を好んで読んだ。この歳になって、あらためて読んでみると、若い時には感じられなかったことが山盛り。文字をたどり、モノをたどるのが、楽しい。

美術館の前の広場では、アートチャリティーバザーが開催されていて、吹きガラスのグラスを何点かお土産に買う。

◆浅見真州古希記念の会 国立能楽堂
観世流シテ方浅見真州師の古希の記念の会。「翁」「道成寺」を舞われた。
2009年に大槻能楽堂で「自然居士」を観て以来、浅見真州ラビリンスに落ち入っている。そしてますますその迷宮の深みにはまろうとしている。
鐘入りのとき、鐘後見とシテのタイミングが合ってない?と、一瞬思った。鐘が落ちた後、間狂言の台詞で「地震かと思った」に、見所に笑いがおこる。私は感じなかったのだが、鐘入りのとき、本当に地震がおきていたのだ。

道成寺の笛は杉先生。国立能楽堂で、杉先生の笛を聴くことができてうれし。急之舞が白拍子の狂気を際立たせていた。
翁の笛は一噌仙幸師。澄んだヒシギに、heart01を射抜かれる。

さすがに疲れて、予定していたよりも早い新幹線で帰京。家のお風呂とベッドと犬の接待が1番。

4月3日

◆「長沢芦雪 奇は新なり」 MIHO美術館
長沢芦雪は大好き。芦雪の描く犬が好き。斬新な構図が好き。
長く行方不明だった、「方寸五百羅漢図」が見つかり、展示中の目玉として全期間展示されている。
一寸四方(3.1センチ)に、五百羅漢、象、獅子、虎などなどが、微細に書き込まれている。
お決まりの美術館のレストランで、おにぎり膳を食べ、カフェでケーキと紅茶で一服、お土産にパンをたくさん買って、満足。

|

« 野馬台の詩@森ノ宮ピロティーホール | トップページ | 京都での東日本大震災チャリティー能 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

わざわざ返信をいただき、ありがとうございます。
庭のホテル 東京は、神保町の古書街も大変近いです。是非、次回「ぶらり古書街の旅~」で神保町近くへお越しの際は、庭のホテル 東京へお立ち寄りくださいませ。
お待ち申し上げております。

投稿: 庭のホテル 東京 ゲストリレーションズ支配人 伊藤美絵 | 2011.04.14 20:41

伊藤美絵さま
コメントありがとうございます。
庭のホテルは、ゆっくりゆったりできる空間で、旅の疲れを癒してもらえました。
朝食も美味しかったです。
次回に東京へ行くときも、ぜひお泊まりさせていただきたいと思います。
今回は行けませんでしたが、大好きな古書街に近いのも大きなポイントです。

投稿: ヨウダ | 2011.04.09 11:00

この度は、庭のホテル 東京へご宿泊いただき、誠にありがとうございます。「とっても満足。定宿にしたい。」とのお褒めのコメント、大変うれしく存じます。
ありがとうございます。
是非、またのご利用をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

投稿: 庭のホテル 東京 ゲストリレーションズ支配人 伊藤美絵 | 2011.04.08 18:34

ししまるさん
庭のホテルは、カップルで泊まりたいホテルです。

芦雪は、きっと小さな犬を飼ってたんだと思います。
踞る虎の絵にしても、子犬の絵にしても、マックたちのしぐさそのものですもの。

投稿: ヨウダ | 2011.04.06 22:57

素敵な旅行ですね!
庭のホテル?そんな素敵なホテルがあったなんて!!
芦雪のにゃんこ、いや、トラさんに会えたときは嬉しかったです。
MIHOは遠い(涙

投稿: ししまる | 2011.04.06 21:42

クリコさん こんにちは〜♪
チケットをとったのが、だいぶと遅かったので、中正面の1番後におりました。
わたしも休憩時間ごとに、クリコさ〜んとキョロキョロしてました。

まったく気づかないワタシって…(;´д`)
次回は、忠雄の会に行きたいなあ〜。

投稿: ヨウダ | 2011.04.06 18:56

クリコです、こんばんは~♪

ヨウダさん、真州の会にもやっぱりいらしてたんですね!
アレ?いないな~と探しちゃいました。
地震起こったときは、結構揺れてたと思いますケド。。。(^^;)

京都のチャリティ能、4月開催とはさすが素早いですな!

投稿: クリコ | 2011.04.06 03:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/51294970

この記事へのトラックバック一覧です: 週末の観能メモほか:

« 野馬台の詩@森ノ宮ピロティーホール | トップページ | 京都での東日本大震災チャリティー能 »