« やすらい祭 | トップページ | 能郷の能・狂言 »

桜宮神社

20110411

週末に行った桜宮神社(千本通出水東入る)。

『京都市の地名』(平凡社)には、
社伝によれば、延喜10年(910)5月、北野右近馬場に降臨したが、中世に当地へ移したという。明治5年(1872)廃社となったが、桜宮神社として再建された(坊目誌)。
と書かれている。

謡曲「右近」に出てくる桜葉の神さま。
境内は、その名にふさわしく、桜が植えられ、美しく咲いたいた。
桜葉社は、北野神社にも末社として祀られている。

また社伝によれば、桜町中納言藤原成範が熱心に参詣し、悟りを得て歌を一首献上したという。
先月の金剛定期能で、能「泰山府君」を観て、桜が咲き始めたら、ぜひ訪ねたいと思っていた。

|

« やすらい祭 | トップページ | 能郷の能・狂言 »

「京都&歴史」カテゴリの記事

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

今月の金剛定期は、金剛宗家の熊野ですね。
ちょっと楽しみ。

投稿: ヨウダ | 2011.04.13 22:52

この時期、桜は最高ですね。

先日私は丹波篠山の春日神社で銕之丞の【熊野】と
文蔵の【土蜘蛛】を観てきました。
桜も能舞台を覗き込んでいる風情でした。

まだ理想の【熊野】には出逢えません・・

投稿: ゆや | 2011.04.13 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/51365662

この記事へのトラックバック一覧です: 桜宮神社:

« やすらい祭 | トップページ | 能郷の能・狂言 »