« 地震お見舞い申し上げます | トップページ | 春からの講座2つ »

世阿弥が見た風景

20110314

土曜日、同志社大学今出川校地内の相国寺旧境内の発掘調査現地説明会に行ってきた。
室町時代の水路・礫敷道路、戦国時代の壕などが検出されている。
室町幕府三代将軍足利義満によって建立された相国寺。
写真は、14世紀末の礫敷道路。相国寺の創建期ごろである。

世阿弥がここを歩いたかもしれない。
世阿弥が見た風景を感じたい。

|

« 地震お見舞い申し上げます | トップページ | 春からの講座2つ »

「京都&歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/51120992

この記事へのトラックバック一覧です: 世阿弥が見た風景:

« 地震お見舞い申し上げます | トップページ | 春からの講座2つ »