« 世阿弥が見た風景 | トップページ | 片山九郎右衛門襲名記念公演@京都観世会館 »

春からの講座2つ

春からの2つの講座のご案内。

◆京都アスニー「平家物語を読む」
【講師】上横手雅敬(京都大学名誉教授)
【日時】4月11日 5月9日 6月13日 7月11日
各14時~16時
【会場】京都アスニー 
【受講費】1回800円(まなびすと会員600円)
テキスト:佐藤謙三校注『平家物語』上巻(角川ソフィア文庫)

先週、上横手雅敬先生の叙勲・傘寿をお祝いする会が開かれた。
えっ?もう傘寿?80歳?知的好奇心に満ちあふるお若いお姿からは想像がつかない。
上横手先生は、中世政治史研究の第一人者。2007年に、皇學館大学を退官されてからは、教職にはつかず、自分のお好きな研究に打ち込むことをライフワークとされている。そのライフワークのひとつが、京都アスニーでの一般市民向けの平家物語の講読。一言一句を丁寧に注釈しながら読み進めている。それこそひとつの単語や、事柄について、何時間も時間をかけて講義される。大学院の講義と同レベルの高度な内容であるにも関わらず、毎回、大教室がいっぱいになる盛況ぶり。
私自身、平家物語オタクと自称しているが、講義を受けるたびに、新しい発見の連続で、自分の無知を思い知る。
「平家物語を読む」の講座は、たしか2006年から始まったのだが、まだ2巻の途中。

◆世阿弥伝書特別講義第16期「役者の読む世阿弥 五音」
【講師】味方健(能楽観世流シテ方)
【日時】4月18日 5月2・16・30日 6月13日
全5回 各月曜日 18時30分~20時
【会場】京都産業会館 7階 第3研修室
【受講費】一般 全5回(通し券)5000円 1回1500円
学生 全5回(通し券)2000円 1回500円

能楽観世流シテ方味方健先生の伝書を読む会に参加させていただいて、早くも3年目に入る。
味方先生は、あくまで役者であって研究者でないとおっしゃられる。でも役者であるからこその洞察眼が、研究者には見えない細部まで照らすのだと思う。
世阿弥の見た中世を、世阿弥の目を通して学びたいと思う私にとって、先生の講義は刺激的。
そしてまた自分の無知を思い知らされる。

今、こうして生かされている命。
無知で無力だけれど、少しづつ学んで、大切に過ごしたい。
4月から茶道も始めるつもり。

|

« 世阿弥が見た風景 | トップページ | 片山九郎右衛門襲名記念公演@京都観世会館 »

「京都&歴史」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
本当に、何にがなんだかわからない状態の日本。でも関西にいると、テレビやニュースを見ないでいると、全く変わらない日常です。
こういう時にどうあるべきなのか、自問自答な毎日です。

投稿: ヨウダ | 2011.03.17 01:44

どうもお久しぶりです。

中国に戻ったら、日本は大地震でえらいことになり
私の実家も屋根瓦が落ちてしまい大変のようです。
でも、家がまるごとなくなってしまった被災者の報道をみていると涙がこぼれ落ちてきます。
がんばってほしいものです。

ヨウダさんの「生かされている命」を大切にして
向上心を持ち続ける姿勢に感服しました。

投稿: dizi | 2011.03.16 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/51128484

この記事へのトラックバック一覧です: 春からの講座2つ:

« 世阿弥が見た風景 | トップページ | 片山九郎右衛門襲名記念公演@京都観世会館 »