« 舞働、何回目かな? | トップページ | 週末は第56回同明会能 »

磯野浩光「京都市内に現存する能舞台略考」

能好きな妻のために、ダンナさんが教えてくれた情報。

『京都府埋蔵文化財論集第6集』(京都府埋蔵文化財調査研究センター 2010年)に、磯野浩光氏が「京都市内に現存する能舞台略考」と題する小論を載せている。

なんで考古学の論集に能舞台の論考が?と思われるかもしれない。
京都迎賓館建築に先立つ発掘調査で、江戸時代末期の公家屋敷跡が検出され、その屋敷跡の内部に、能舞台が設けられていたことが見つかっているのだ。
それに関連して、能楽略史と京都との関わり、現存する能舞台に言及されている。

『京都府埋蔵文化財論集第6集』は、市販はされていない。いずれ京都府立図書館や、総合資料館に行けば閲覧できるはずだ。

|

« 舞働、何回目かな? | トップページ | 週末は第56回同明会能 »

能の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/50935748

この記事へのトラックバック一覧です: 磯野浩光「京都市内に現存する能舞台略考」:

« 舞働、何回目かな? | トップページ | 週末は第56回同明会能 »