« 故浦田保利三回忌追善能 | トップページ | 京観世の伝統ー記録と記憶から聞こえるもの »

平成23年春日神社王祇祭プロローグ

今年も山形県鶴岡市櫛引町黒川の春日神社の、王祇祭に行って来た。

乗る予定だった列車が、大雪のために、前日、前々日と運休したいたので、チケットをキャンセルし、急遽飛行機で山形入りすることに変更。伊丹から羽田経由で庄内空港へ。
結果的には少しお金がかかったけれど(特定乗り継ぎ割引で29000円)、時間が半分以下で済み、快適このうえなかった。
庄内空港を降りたら、真っ白な世界。月扇堂さんとご一緒だったので、空港から王祇会館までタクシーで向かう(約9000円ちょっと)。

王祇会館で受付をすませ、上下両座のしみ豆腐と、にごり酒の接待を受け、休憩所でしばし休憩。

201102011

2月1日には、春日神社の氏子が、上座下座の両座に分かれ、それぞれの当屋(今年も昨年と同様に両座とも公民館が使われた)で夜を徹して、大地踏・式三番・能5番・狂言4番が演じられる。翌2日には、春日神社において、神事と大地踏・式三番・能2番が奉納される。

昨年は下座だったが、今年は上座に伺う。

下座では、ご神体である王祇様は、立てて祀られていたが、上座では、天井から横に吊るさていた。

201102012

王祇様の前には、小さな祠が鎮座する。その中には面が、下の箪笥には装束などがおさめられている。

201102013

能太夫が王祇様を拝み楽屋へ入ると、面や装束が入った箪笥が楽屋へと運び込まれ、いよいよ演能が始まる。

|

« 故浦田保利三回忌追善能 | トップページ | 京観世の伝統ー記録と記憶から聞こえるもの »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

さうびさん
来年は、Fの会のみんなで行きましょうよ!

投稿: ヨウダ | 2011.02.06 00:21

ちふゆちゃん
会館というよりは、公民館で、その年によって場所も違うみたいですよ。
構造はどうかわかりませんが、王祇様の祀り方が違い、当人ほか王祇守、提灯持ちの座る場所が変わります。
たしかに明るすぎるくらいに、明るいですわ。

投稿: ヨウダ | 2011.02.06 00:19

いいな~昨年も行かれたんですね。
ハマるんですね~。
いつかこのブログを参考にして
王祇祭へ行ってみたいです。

飛行機代は痛手だったと思いますが、
列車で行かれてたら、このブログのUPは
もっと先になっていた気がします。。
(きっとバテバテ)

投稿: さうび | 2011.02.05 22:02

お母さんこんにちは!

以前、お宅で上演されてた頃の写真しか見たことがなかったのですが、会館になってずいぶん明るくなったのね…!とビックリしました。

会館の舞台の構造は上下で違うんですか?

投稿: ちふゆ | 2011.02.05 02:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/50778622

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年春日神社王祇祭プロローグ:

« 故浦田保利三回忌追善能 | トップページ | 京観世の伝統ー記録と記憶から聞こえるもの »