« 昨年末の観能メモ | トップページ | 〈宣伝〉京観世の伝統ー記録と記憶から聞こえるもの »

新春能2日目@大槻能楽堂

大槻能楽堂の新春能2日目に行って来た。
開演10分前に駆け込む。
新春能だけあって、美しいキモノ姿の方が多かった。姉弟子さんも艶やかなキモノ姿。能つながりのお友達も総絞りのキモノ姿。
私といえば、地味っぽい(普段着キモノ)。京都観世会の1月例会は、晴着で行くぞと固く決意!

◆大槻能楽堂自主公演 新春能2日目
喜多流「翁」
翁:友枝昭世 三番三:山本東次郎 千歳:山本則秀
笛:藤田六郎兵衛 小鼓(頭取):大倉源次郎 小鼓(脇鼓):清水晧祐、荒木建作 大鼓:山本哲也

やっぱりお正月は翁がなくっちゃ始まらない。
喜多流の翁は初めて観る。
山本東次郎師の三番三、神がかっているように思えた。
六郎兵衛師の笛heart01終演後、ロビーにいらしたので、藤田流舞囃子を買いましたと言おうと思ったけれど、小心者で言えなかった。とほほ。

狂言「鐘の音」    
シテ:山本則俊 アド:山本則重 山本則秀

観世流能「羽衣」      
シテ:片山幽雪 ワキ:福王茂十郎 ワキツレ:福王知登、喜多雅人
笛:杉市和 小鼓:曽和博朗 大鼓:山本孝 太鼓:三島元太郎

天冠にのっているのは、パンフレットによると白蓬とあったが、桜花のように見えて華やかで、天女の美しさを引き立てていた。面も増とあったが、若やかな乙女のような感じ。
中正面の1番前に座っていたので、天女が一の松に立ち舞台の方を見つめる姿を、真正面から拝見することができた。なんとも凛として美しい。
今年初めての杉先生の笛heart02

|

« 昨年末の観能メモ | トップページ | 〈宣伝〉京観世の伝統ー記録と記憶から聞こえるもの »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

ゆやさんのおキモノ姿も、艶やかで美しゅうございましたよ♪
今年もすばらしい舞台で出会えますように…

投稿: ヨウダ | 2011.01.07 01:15

良かったですね~新春能♪

友枝昭世の【翁】は神々しく!
片山幽雪の【羽衣】は可憐で!
どちらも人間離れしている素晴らしい舞台でした!!

今年は幸先いいぞ~
今年も一番でも多くの素晴らしい舞台に出会えますように♪

投稿: ゆや | 2011.01.06 23:12

F氏さん
翁だけではくて、翁付きで脇能までいれてだと、さらにすっごい長時間になりますものね。わたしも途中、トイレに行きたくなって困ったことがありました(笑)

藤田六郎兵衛先生には、2回握手してもらって、CDにもサインしてもらいましたよ〜。

投稿: ヨウダ | 2011.01.05 23:11

やっぱり新春はどこでも翁なんですね。でも、わが師匠は「翁は長すぎるから、新春だからって言ってやらなくてもいいんじゃないの~?」とおっしゃっていました(汗
やっぱり寒い舞台の上で長時間正座しっぱなしは辛いのでしょうか。

わが家元にお会いしましたか!いいなー
私は家元の家に稽古に通って3年ほどですが、実はまだ一度もお会いしたことがないんです。
藤田流の他の先生方にはお会いしたことがあるのに・・・

投稿: F氏 | 2011.01.05 10:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/50496081

この記事へのトラックバック一覧です: 新春能2日目@大槻能楽堂:

« 昨年末の観能メモ | トップページ | 〈宣伝〉京観世の伝統ー記録と記憶から聞こえるもの »