« キモノの楽しみ | トップページ | 週末の観能メモ »

分林記念能@京都観世会館

先週末は、楽しみにしていた分林記念能、一日中テンションがあがりっぱなし。
終演後は、お稽古仲間と、ご飯食べ。舞台のこと、お稽古のこと、来年の社中の会に向けての話で盛り上がる。
夢か幻か、二日たった今でも放心状態が続いている。

◆仕舞「猩々」分林桜子

桜子ちゃんが舞台に登場すると同時に、見所からはかわいいの声。ホントに可愛らしかった。

◆能「鶴亀」
シテ:分林弘一 ツレ:分林道隆 分林寛奈子 ワキ:原大 ワキツレ:有松遼一 岡充 アイ:小笠原匡
笛:森田保美 小鼓:伊吹吉博 大鼓:柿原弘和 太鼓:井上敬介

分林弘一師とお孫さんの寛奈子ちゃんと道隆くんとで「鶴亀」。
弘一師の舞台を拝見するのは初めてかも。堂々とした皇帝。お孫さんたちとの共演が、喜寿の祝賀能にふさわしく、お祝いしたい気持ちでいっぱいになる。

※2011年の秋の能会では、道隆くん「岩船」shineshine

◆狂言「寝音曲」野村万禄 小笠原匡

◆能「千手」郢曲之舞
シテ:片山清司 ツレ:片山幽雪 ワキ:宝生欣哉
笛:杉市和 小鼓:曽和博朗 大鼓:河村大

◆能「道成寺」赤頭
シテ:分林道治 ワキ:福王和幸 ワキツレ:山本順三 喜多雅人 アイ:野村万禄 吉住講
笛:左鴻泰弘 小鼓:成田達志 大鼓:柿原崇志 太鼓:観世元伯

道治師の道成寺。白拍子、美しかった。
装束、前シテの、コバルトブルーと金の鱗紋の摺箔と白地の唐織のコントラストにハッとさせられる。
乱拍子がとても長かったが、静から動へ移っても、疲れたよう様子を見せずに一気に高みまで上りつめるという感じ。

とっても気になったのは、アイのコトバの中に、「乱拍子などをふんで 舞を舞い候〜」と、「乱拍子」がでてきたこと。今まで見た道成寺では、面白う舞いを云々だったような。乱拍子って何かを、もっと知りたい。

私が左鴻先生に笛を習っていると知っている知人から、先生の笛良かったね~と言われるたびに、顔がにやける。ここ数日は、ずっと頭の中で急之舞がグルグルしているに違いない。

来年は、きっと道成寺にお参りに行こう。

|

« キモノの楽しみ | トップページ | 週末の観能メモ »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

きゃ〜!
花月さま
コメントありがとうございます。
すばらい舞台をありがとうございます。
十二分に楽しませていただきました。
来年もまた楽しみにしています。

投稿: ヨウダ | 2010.12.09 01:16

ヨウダさん

日曜日はありがとうございました。

気合いを入れて臨んで頂いたようで嬉しい限りです。

楽しんで頂けましたか?

お着物姿、是非拝見したかったですね。

来年も全力で頑張ります!!
また来て下さいね。

ありがとうございました!!

投稿: 花月 | 2010.12.08 02:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/50240433

この記事へのトラックバック一覧です: 分林記念能@京都観世会館:

« キモノの楽しみ | トップページ | 週末の観能メモ »