« 塩津哲生の會@国立能楽堂 | トップページ | 厳島行その1 »

観世会秋の別会@観世会館

東京遠征2日目は、観世会秋の別会。
お目当ては、清水義也師の道成寺の披き。

◆能「木曽〜願書」
シテ:高橋弘 ツレ:関根知孝 寺井栄 立衆:坂口貴信 木月宣行 武田文志 北浪貴裕 坂井音雅
笛:松田弘之 小鼓:幸清次郎 大鼓:佃良勝

木曽は初めて観る。現在能だし、シテが覚明だなんて、平家物語オタクの血が騒ぐ。

◆狂言「狐塚〜小唄入」
山本則俊 山本泰太郎 山本則重

小唄がおもしろかた。

◆能「姨捨」
シテ:角寛次朗 ワキ:宝生閑 間:山本東次郎
笛:一噌仙幸 小鼓:大倉源次郎 大鼓:柿原崇志 太鼓:観世元伯

まさに秋の曲という感じ。
東京の能楽師さんは、ほとんど存じ上げないので、おシテの角寛次朗師も初めて拝見。「姨捨」は、2時間越えの長い能。体調がいまいちだったので、持つかしらと不安だったが、あまりに美しいシテだったので、あっと言う間だった。一噌仙幸師の笛の音は、澄みきった月のあかりのよう。序之舞は、捨てられた老女というよりも、年老いても美しい女の姿を表していたように思う。私自身もこうありたいというような。

◆仕舞
「雨月」関根祥六にかわり野村四郎
「実盛」観世恭秀
「玉鬘」観世清和
「昭君」観世芳伸

◆能「道成寺」
シテ:清水義也 ワキ:殿田謙吉 アイ:山本則俊 山本則孝
笛:寺井宏明 小鼓:鵜澤洋太郎 大鼓:國川純 太鼓:梶谷英樹

道成寺を観るのは10回目だけど、初めて脇正面から観た。脇正面から観るのも面白い。後場の蛇が柱に絡みつくのを堪能できた。

清水義也師は、ブログやサイトの記事(現在閉鎖されています)を拝見していて、1度舞台を見てみたいと思っていた能楽師さん。書いていらっしゃった言葉どおりに実践されていることを確信。
心に残る舞台だった。

脇正面の1番後の席だったので、幕入りが見えなかったが、幕の中に飛び込んだ音がしたのだけど、どうだったんだろう?

寺井宏明師の笛を聴くのは初めて。男装の麗人かと見紛うような艶姿。終演後、お友達に寺井宏明さんって女性?と聞いてしまった。

見所に黒川能の三番叟さんを発見!ミーハーなワタシは、来年の王祇祭りを楽しみにしていますと、挨拶にいきましたとも。

念願のクッキー買えた♪
もったいなくてまだ開けてない。開けたら写真をアップします。

この2日間で、能つながりのお友達がお友達を紹介してくださり、お友達の和がひろがったのも収穫。

|

« 塩津哲生の會@国立能楽堂 | トップページ | 厳島行その1 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

何をおっしゃるクリコさん、私のミーハー魂に火をつけたのは、あなたさまですぞ(笑)

投稿: ヨウダ | 2010.10.06 00:20

クリコです、こんばんは~♪

遠征お疲れ様でした!

>挨拶にいきましたとも。

私はヨウダさんの蛮勇ぶりを、見所で茫然と見守っていました( ̄◆ ̄;)(笑)。

でもラッキーな出会いでしたね!
また東京にいらしてください!

投稿: クリコ | 2010.10.05 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/49650325

この記事へのトラックバック一覧です: 観世会秋の別会@観世会館:

« 塩津哲生の會@国立能楽堂 | トップページ | 厳島行その1 »