« 葵上@大徳寺塔頭・瑞峯院 | トップページ | 題目立 補足 »

題目立

京都市立芸術大学伝統音楽研究センターでの能楽講座で知り合った勉強仲間のみなさんと、奈良市上深川町の八柱(やはしら)神社に伝わる民俗芸能「題目立(だいもくたて)」を見学に行ってきた。

20101012

題目立は、奈良市上深川町の八柱神社に伝わる民俗芸能で、10月12日の宵宮祭に上深川町の青年たちによって奉納される。

いただいたパンフレットから引用すると、「題目立は源平の武将を題材とした演目を、出演者が登場人物ごとに台詞を分担して、独特の抑揚をつけて語る芸能」という。
「厳島」「大仏供養」「石橋山」の三曲の詞章が残っているが、実際に演じられているのは、「厳島」「大仏供養」の二曲。
今日は、「厳島」が演じられた。「厳島」は、平清盛をはじめ平家一門が順々になのり、厳島明神をたたえ供養し、最後に厳島の弁財天から清盛へ節刀を授けられるというお話。登場人物は、清盛、小松重盛、左大臣(宗盛)、ほんさんみ(本三位重衡)、くらんど(教経)、つねもり(経盛)、神主、弁財天。

神社本殿と参籠所の庭に、小さな舞台が仮設される。
時刻になると、神社に隣接した元薬寺の楽屋から、浄衣姿の長老に先導され、演者の8人の若者が、列をつくって「みちびき」を謡いながら登場、舞台のそれぞれの位置につく。その出立は、立烏帽子に黒に2本の白線の入った素襖姿で手に弓を持つ。清盛役だけが、文様の入った素襖で弓を持たない。弁財天はて天冠を頂き、神主は御幣を持つ。
参籠所にいる呼び出し役が、「一番 清盛」などと台詞の順番と役名を呼ぶ。呼ばれた役は、独特の抑揚をつけて語り始める。
所作はほとんどなく、後半、神主が御幣をふるのと、弁財天が清盛に節刀を授けるくらい。
最後に、「ふしょ舞」という舞を一人が舞う。扇を開いて、足拍子を踏む素朴なもの。
そしてまた「みちびき」を謡いながら楽屋へと戻って行く。

能の源流ともいえる中世芸能の姿をかいまみるという貴重な経験をした。
境内には、地元の人たちによおるぜんざいの接待などがあり、心まで暖まる。

厳島神社へ行った翌週に、厳島を題材にした題目立を見ることができたのは、弁財天のおかげか?

|

« 葵上@大徳寺塔頭・瑞峯院 | トップページ | 題目立 補足 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/49717958

この記事へのトラックバック一覧です: 題目立:

« 葵上@大徳寺塔頭・瑞峯院 | トップページ | 題目立 補足 »