« 第41回東西合同研究発表会@京都観世会館 | トップページ | 謡講 »

六甲アイランド能「清経」

六甲アイランド能へ行ってきた。
神戸ファッション美術館オルビスホールでの開催。
ホール能は、音響でがっくりすることがあるけれど、音に関しては問題無し。舞台のバックとか、照明がもうひと工夫欲しいところ。
演能前に、装束の解説、清経の解説、囃子の解説が、日本語と交互に英語に通訳された。さすが国際都市神戸と思ったけれど、見所には外国人は、数えるほどしかいなかったのは残念。

さて能「清経」。シテは杉浦豊彦さん。大好き。
杉浦豊彦さんの舞台を観ていると、いつもどんどんと引き込まれていく気がする。今日も気がつくと、清経の妻になっている自分がいた。

神戸ファッション美術館1階のエントランスでは、「六甲アイランド能~面・装束展」が開催されている。チラシには書いていなかったので、一緒に行ったお友達の情報が無かったら、見落としていたと思う。
装束をはじめ、面、大小鼓の胴、古い写本の番組や型付など、とても充実した展示だったので、もっと宣伝してしかるべきだ。無料なので、お近くの方は一見の価値有り。9月12日まで
詳しくは神戸ファッション美術館のブログで。

会場では、一炊舎Neoさんという方が書かれた『まんが能楽選集』01、02という冊子を、著者自ら売ってはった。味のある絵に魅かれて購入。ちゃっかりサインもいただいた。

|

« 第41回東西合同研究発表会@京都観世会館 | トップページ | 謡講 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

クリコさん
お疲れさまです♪
何がびっくりしたかって、無人運転の六甲ライナーの中で、まさかお会いできるなんて思ってもみませんでした。

投稿: ヨウダ | 2010.09.05 22:57

クリコです、こんばんは~。

その節はお世話になりました!
無事に東京に戻ってまいりました~。
「六甲アイランド能」、なんだか国際的にローカル(←?)な催しでしたね(笑)。

また関西に行ったときは、よろしくお願いします?!

投稿: クリコ | 2010.09.05 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/49338719

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲アイランド能「清経」:

« 第41回東西合同研究発表会@京都観世会館 | トップページ | 謡講 »