« 〈チラシ〉平成22年囃子堂〜極〜能囃子を音楽として聴く | トップページ | 囃子堂最終会@京都コンサートホール »

片山家・能装束能面展@京都文化博物館

今日から、片山家の「能装束・能面展」が、京都文化博物館で始まったので、さっそく行って来た。
今回のテーマは継承の美。

10時すぎくらいに到着すると、片山幽雪師による展示品の解説が始まっていた。途中で片山清司師にタッチ交代。装束や面が、どの舞台に使われたなどを伺いながら拝見すると、目の前に舞台がひろがってくるような気がする。切畑健氏もいらしたので、装束の説明も詳しくしていただけた。また今回は伝書類も多く展示されていた。

継承の美のテーマにあわせた映像は、片山幽雪師から片山清司師へとの継承を中心に編集されていておもしろかった。
ほとんどが藤田六郎兵衛さんの笛だが、聞き慣れない笛の音はいったい誰だろうと思っていたら、杉市太郎師!ほんの数十秒だけど、魅了される。とても軽やかで鈴を手のひらでころがすような早笛の音色。個人的には、この映像で、杉市太郎師の笛の音を初めて聴けたことが何よりも幸せであり収穫。片山清司師の初シテの能「岩船」の映像。最晩年だと思うのだけれど、そうは聴こえない。思わず、5回繰り返して観てしまう。
映像の中で、動物園で手をつないで駆け回る幼少の幽雪師と弟の片山慶次郎師の姿も必見。

映像を長々と観ていたので、幽雪師がおそらく社中の方々(だと思うのだけれども)相手に、再び解説を始められたので拝聴。清司さんの姿がなかったので、すべての展示品を解説された。
展示されている装束をつけた演能のパネル、映像の中でも見受けられ、上手くリンクされていたように思う。

能装束・能面展 継承の美
平成22年7月30日〜8月1日
京都文化博物館
午前10時〜午後6時(最終日のみ午後5時まで)
入場無料

8月1日には、味方健師を迎えての、片山幽雪、片山清司師による「片山家について」と題するトークセッションがあるそうです。午後2時から。
興味あるけれど、囃子堂の日だから行けないなあ〜。

|

« 〈チラシ〉平成22年囃子堂〜極〜能囃子を音楽として聴く | トップページ | 囃子堂最終会@京都コンサートホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/49013701

この記事へのトラックバック一覧です: 片山家・能装束能面展@京都文化博物館:

« 〈チラシ〉平成22年囃子堂〜極〜能囃子を音楽として聴く | トップページ | 囃子堂最終会@京都コンサートホール »