« 京都薪能第1日目@平安神宮 | トップページ | 新作能のガリ版刷り謡本 »

京都薪能二日目&浦田定期

書き残しておきたいこと、伝えたいこと、たくさんあるのだけれど、時間が無い。
例によってまとめの覚え書きメモ。

●京都薪能二日目
第二日目 6月2日(水)

観世流能「嵐山」
浦部幸裕 深野新次郎
笛:杉信太朗 小鼓:林大和 大鼓:井林久登 太鼓:前川雪

金剛流半能「祇王」
金剛永謹
笛:杉市和 小鼓:竹村英雄 大鼓:河村大

仕事が長引いて、開演時間に間に合わなかった。
なんとか観たかった「嵐山」の間狂言の猿聟が始まるころに入場。
でも後の方の席にしかつけず、遠すぎてよく見えない。とほほ。

祇王は、後の席で正解だった。後方朱塗りの大極殿、蒼龍・白虎楼に、シテとツレの姿が美しく映えて、まさに幻想的。これぞ薪能の醍醐味かも。

体調がよくないのと、用事がたまっていたのとで、2つの能だけで家に帰る。

●浦田定期能
6月5日(土)

能「羽衣」彩色之伝
シテ:深野新次郎 ワキ:村山弘
笛森田保美 小鼓:曽和博朗 大鼓:石井喜彦 太鼓:前川光長

能「鵜飼」
シテ:田中隆夫 ワキ:小林努 ワキツレ:有松遼一 間:茂山茂
笛:左鴻泰弘 小鼓:曽和尚靖 大鼓:井林久登 太鼓:井上敬介

羽衣では2つほど前の席のおじさんが、一緒に小声で謡い続けるの邪魔だった。
雅楽文様の装束がステキ、お友達に見せてあげたい。

鵜飼は初めて観る曲なので、ワクワク。
ワキの小林努さんの謡って、とっても個性的で好き。それと全く対照的な有松遼一さんの端正な謡も好き。

|

« 京都薪能第1日目@平安神宮 | トップページ | 新作能のガリ版刷り謡本 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
大丈夫です♪

投稿: ヨウダ | 2010.06.11 01:16

体調大丈夫でしょうか…?
あまり無理なさらないでくださいね…。

投稿: もろくん | 2010.06.10 18:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/48587332

この記事へのトラックバック一覧です: 京都薪能二日目&浦田定期:

« 京都薪能第1日目@平安神宮 | トップページ | 新作能のガリ版刷り謡本 »