« 役者の読む世阿弥「続五音」@京都産業会館 | トップページ | 〈チラシ〉山口鷺流狂言ー地域伝承の可能性 »

河勝@大槻能楽堂

梅原猛「能を観る」シリーズの完結記念の能、梅原猛さんの新作能「河勝」。
とっても気になっていたのだけれど、平日に仕事を休んでまではいけないとあきらめていた。それがなんと大槻能楽堂のサイトの招待券プレゼントに応募したのに当たった!ペア券だったので、月扇堂さんと一緒に行ってきた。

さて、「河勝」、思っていた以上に面白かった。

舞台は現代。怨霊を訪ねるのが趣味という風変わりな男が、能楽の祖と言われる秦河勝に興味を持ち、河勝の祀られている赤穂の大避神社へと向かう。
風変わりな男は、河勝が祀られている大避神社で神主に会う。神主は男に、聖徳太子なきあと、流罪となった河勝が怨霊となり大荒の神として祀られていることを告げて姿を消す。
男は、本物の神主に出会い、姿を消した神主は実は河勝の幽霊であることを知る。
河勝を慰める船渡御の祭りを見ている最中、河勝の怨霊が恐ろしい姿であらわれる。
神主の祈りで聖徳太子の霊があらわれ、和の心を説いて河勝の怨霊をさとす。河勝の霊も恨みを捨てて、共に守りの神になることを約束し、聖徳太子の霊、河勝の霊、男の3人で、舞楽を奏する。


新作能「河勝」
前シテ:大槻文藏 〈老神主(実は河勝の亡霊)〉 
後シテ:大槻文藏 〈秦河勝の怨霊〉
別シテ:梅若玄祥 〈聖徳太子〉
子方:稚児三人
ワキ:福王和幸 〈大避神社神主〉
アイ:茂山千之丞 〈怨霊を訪ねる男〉
アイ:茂山あきら 茂山逸平 茂山童司 丸山やすし 茂山七五三
笛:藤田六郎兵衛
小鼓:清水皓祐
大鼓:山本哲也
太鼓:三島元太郎

どんな内容なのか、ワクワクしながらパンフレットの詞章にざっと目を通す。
大槻の公演パンフレットには、装束や面も書かれているからありがたい。
演能前の梅原猛氏のお話は、ロビーのモニターテレビで拝見。カリスマだなあ〜とあらためて思う。
席に向かうと、席の隣には見知った顔が!
このブログにコメントを残してくださるヤマギワさんもチケットが当たったそうだ。
きっと河勝が私たちにも降りてきたのだと喜び合う。
(梅原氏に河勝の霊が降りてきて新作能「河勝」ができたそうな)

pencil印象に残ったこと

怨霊を訪ねる男・千之丞さんの素袍にケルト十字架の文様が入ってたような気がする。隠された十字架?

後シテの登場の早笛、六郎兵衛さんの笛の音に、胸キュン。こんな早笛、初めてかもheart01。神主が祈りを捧げる時の祈りも良かったし、狂言笛も楽しめたし、後場の舞の笛も盛りだくさんで、とても満足。

後シテの面、鼻瘤悪尉(はなこぶあくじょう)、異様でずいぶんと大きくインパクト大。物着の後の皺尉の白い面と好対照。

船渡御の様子、橋がかりに船が3隻と1畳台が置かれ、獅子舞もありで、賑々しくて楽しい。

玄祥さんの聖徳太子、すっごくスリム!急之舞(かな?)、軽やかに颯爽と舞って、格好良かった。

千之丞さんが鈴を持って三番三を静かに舞う姿が、神さまの役ではないのだけれど、神々しくて気品に満ちていた。

|

« 役者の読む世阿弥「続五音」@京都産業会館 | トップページ | 〈チラシ〉山口鷺流狂言ー地域伝承の可能性 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

月扇堂さん ヤマギワさん
楽しい時間を共有できて、とってもうれしいです!
また何か当たらないかなと、アンテナを広げておきます。

投稿: ヨウダ | 2010.05.12 09:39

おはようございます!
「劇団☆新感線」(薔薇とサムライ)に誘われての「上町台地」行きになりました!
ご一緒ありがとうございました!

投稿: ヤマギワ | 2010.05.12 08:59

わたしも応募したのにはずれました。
ヨウダさんのおこぼれに預かれてほんとにラッキーでした。
感謝です♪

投稿: 月扇堂 | 2010.05.12 03:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/48335540

この記事へのトラックバック一覧です: 河勝@大槻能楽堂:

« 役者の読む世阿弥「続五音」@京都産業会館 | トップページ | 〈チラシ〉山口鷺流狂言ー地域伝承の可能性 »