« 〈宣伝〉第9回初桜能 | トップページ | 松野奏風『私の能舞台』 »

狂言集成

100401_2野々村戒三・安藤常次郎共著『狂言集成』(春陽堂 1931)

間狂言の詞章を読みたくて買った本。後に能楽書林から再刊されいる。能楽書林の古書相場は高いけれど、春陽堂から出た分を探せば安いものに出会える。
たいていのものは載っているので重宝している。

昔の本の装幀って、とても凝っていて美しい。外箱には扇に色紙が散らされ、本体には狂言画(たぶん靭猿かな?)。表裏の見返しにも橋掛りの松が描かれている。刷りあがりはキレイだったろうな〜
本文に挿入されている狂言画や写真もおもしろい。解説は笹野堅で「解説ー和泉流に就いて」という一文が巻頭にあり。

|

« 〈宣伝〉第9回初桜能 | トップページ | 松野奏風『私の能舞台』 »

能の本棚」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます
お言葉に甘えさせていただきます
楽しみheart01heart01

頼りになる方とご縁がいただけて
本当にありがたいですhappy01
これからもよろしくお願いします

投稿: 吉田 悠 | 2010.04.04 12:16

悠さん こんにちは。
持ってます。森田光春師の本ですよね。
古書店で、たまに見かけます。
ごく最近、古書店で見た記憶があります。
行く所が限られているので、見つけ次第メールします。

投稿: ヨウダ | 2010.04.02 12:43

コメントではないのですがこの場をお借りします

能楽書林から出ている「能楽覚え書帖」をお持ちでしょうか
笛の森田何とか師の本だと思うのですが見つかりません
手に入りそうな古本屋さんとかご存知でしたら教えてください
小書きのこととか詳しく書かれていて面白そうなのです

投稿: 吉田 悠 | 2010.04.02 12:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/47965689

この記事へのトラックバック一覧です: 狂言集成:

« 〈宣伝〉第9回初桜能 | トップページ | 松野奏風『私の能舞台』 »