« 第138回都をどり | トップページ | 一調二機三声@京都芸術センター »

百万絵巻

100414

うつし心か むら烏
うかれと人は とひもせて
おもはぬ人を たつぬれは
おやこのちきり あさ衣

今年の初め、室町時代に描かれたとみられる「百万」絵巻がアメリカで見つかり話題となった。この絵巻は国立能楽堂が収蔵することになり、兄弟本とみられる桃山時代の絵入謡本「百万」と一緒に、3月には国立能楽堂資料展示室「収蔵資料展」で公開された。

国立能楽堂資料展示室では、「百万絵巻」の図録が売られている。百万絵巻全幅のカラー図版、絵入謡本「百万」のカラー図版、小林健二氏の論文〈「百万」絵巻出現の意義ー能楽研究の視点から〉が所収。

絵入り謡本「百万」については、京都国立博物館のサイトのこちらのページで、切畑健〈絵入り謡本「百万」 〉が読める。

私は、ネットニュースで新出絵巻の存在を知り、公開を楽しみして収蔵資料展を見に行ってきた。公開中に記事をエントリーできなかったことを残念に思っていたところ、サントリー美術館での国立能楽堂コレクション展に出品されるというので、ぜひ紹介しておきたい。一見の価値あり!

サントリー美術館 開場25周年記念
国立能楽堂コレクション展「能の雅(エレガンス) 狂言の妙(エスプリ)」
会期:2010年6月12日(土)〜7月25日(日)

|

« 第138回都をどり | トップページ | 一調二機三声@京都芸術センター »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

ヤマギワさん
今夜は偶然というか必然というか、びっくりしました♪
記事の写真は、百万絵巻の方です。図録からスキャンしたものです。

投稿: ヨウダ | 2010.04.15 23:50

先日の「羽衣の木版画」といい また 本日の「絵入り謡い本ー百万ー」といい 『美しきもの!』のご紹介ありがとうございます。
早速「お宝」にさせていただきました。

投稿: ヤマギワ | 2010.04.15 08:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/48087679

この記事へのトラックバック一覧です: 百万絵巻:

« 第138回都をどり | トップページ | 一調二機三声@京都芸術センター »