« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

能楽史年表完結!

東京堂出版さんから出ている鈴木正人編『能楽史年表』が完結した♪
古代中世編、近世編上中下で4冊の大著。

古代中世編は興味がある時代だけに、どのページを開いても楽しい♪
近世編は、猫に小判状態(涙)
でも禁裏や京都の寺社での演能記録を見るのはおもしろいし、そこから興味が広がっていく。

鈴木正人編
『能楽史年表 古代・中世編』577年〜1600年(東京堂出版 2007)
『能楽史年表 近世編 上巻』1601年〜1687年(東京堂出版 2008)
『能楽史年表 近世編 中巻』1688年〜1715年(東京堂出版 2009)
『能楽史年表 近世編 下巻』1716年〜1867年(東京堂出版 2010)


能楽関連の新刊書といえば、こんな本も出てました。

渡辺保『能ナビ 誰も教えてくれなかった能の見方』(マガジンハウス 2010)

同じ著者の『能のドラマツルギー』を読んでおもしろかったので購入。
よく演じられる25曲について、わかりやすく解説している。
まだ全部は読んでいないが、よくある解説本とはひと味違うような気がする。
まるで能楽堂で知り合ったおじさまが、初心者の私に親切にレクチャーしてくれているような感じで、奥深い能という古典劇の世界へ誘ってくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都観世例会4月@京都観世会館

忘れてしまいそうなので、とりあえずメモ。

能「俊寛」
シテ:浦部好弘 ツレ:河村和貴 橋本擴三郎 ワキ:清水利宣 アイ:松本薫
笛:光田洋一 小鼓:林吉兵衛 大鼓:石井保彦

能「三山」
シテ:観世銕之丞 ツレ:味方玄 ワキ:福王茂十郎 ワキツレ:喜多雅人、山本順三 アイ:茂山千三郎
笛:杉市和 小鼓:吉阪一郎 大鼓:河村大

能「邯鄲」
シテ:青木道喜 子方:片山紫乃 ワキ:高安勝久 ワキツレ:原大 小林努 有松遼一 アイ:茂山茂
笛:森田保美 小鼓:曽和尚靖 大鼓:谷口有辞 太鼓:前川光長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松山天狗@大槻能楽堂

大槻能楽堂自主公演能 能の魅力を探るシリーズ〈平家物語を観るー「戦のあわれ!」を語る〉の第1回目、松山天狗を観に行ってきた。

能「松山天狗」
シテ:観世銕之丞 ツレ:柴田稔 長山耕三 長山桂三 ワキ:殿田謙吉 アイ:茂山逸平
笛:杉市和 小鼓:成田達志 大鼓:河村大 太鼓:三島元太郎

松山天狗は、保元の乱で敗れ讃岐に流された崇徳院を主人公にした能。
スペクタクルで楽しめる能。
前シテの老翁の中入り、扇を笏のように持って、来序で作り物の中へと消える姿が印象的。杉先生の来序に胸キュンheart01
西行の前に現れた崇徳院の霊。直衣姿で、金の初冠に緋の長袴。手に笏。すっごいインパクト!
はじめは楽を静かに舞うが、昔を思い出してからは、天狗たちも登場し、何よりも崇徳院の霊、こ、こわかった〜。

pencilわからない
典拠を『撰集抄』巻1とされている本が多いけれど、『保元物語』(金比羅本)や『太平記』でないのはなんでだろう?調べてみよう。

写真は、以前に四国の崇徳院の御陵を訪ねたときのもの。

1004251

1004252


| | コメント (0) | トラックバック (0)

平家物語を観るー「戦のあわれ!」を語る

いよいよ明日から、2010年度大槻能楽堂自主公演能 能の魅力を探るシリーズ〈平家物語を観るー「戦のあわれ!」を語る〉が始まります。
チラシがまた六波羅蜜寺の清盛像というステキなもの。
平家物語ファンのワタクシは、もちろんすべて観るつもり。

2010年
4月22日 vol1「松山天狗」観世銕之丞
5月29日 vol2 「朝長」浅井文義
6月26日 vol3 「鞍馬天狗」上野雄三
7月31日 vol4 「小督」観世清和
8月28日 vol5 「俊寛」上田拓司
9月25日 vol6 「祇王」金剛永謹
10月16日 vol7 「頼政」片山幽雪
11月20日 vol8 「七騎落」野村四郎
12月18日 vol9 「熊野」片山清司

2011年
1月22日 vol10 「木曽」山本順之 「巴」多久島利之
2月19日 vol11 「実盛」梅若玄祥
3月26日 vol12 「忠度」浅見真州

2011年4月〜2012年3月は、
「敦盛」「碇潜」「二人静」「通盛」「重衡」「安宅」「維盛」「正尊」「景清」「屋島」「船弁慶」「実朝」
と、これまたうれしい継続企画です。

詳しくは大槻能楽堂公式サイトで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

灯台下暗し

一昨日、雲林院の記事を書いているとき、世阿弥自筆本の雲林院と現行曲の雲林院の後場が違うことを知る。話の筋だけみるとすっごく面白そう。詞章をぜひ読みたいと思う。家には世阿弥の自筆能本の影印本はあるのだけれど、読めない(汗) 刊本が出ているに違いないと思うのだけれど、ネットで検索できなかった。
今日、なにげなく岩波の新日本古典文学大系『謡曲百番』をパラパラしていると、巻末に「古今曲名一覧」がついていて、翻刻・影印されている曲は、所収書が載せられているのに気がついた(気づくのが遅い!)。あららと思い雲林院をひいてみると、なんと岩波の旧版の日本古典文学大系に載っていることが判明。
さっそく一読。こっちの方が現行曲よりも好み。復曲されたようだが、観てみたかった…

flair今日の教訓 灯台下暗し。
新日本古典文学大系『謡曲百番』(岩波書店)の巻末「古今曲名一覧」は、便利だ。
これと『能・狂言必携』(学燈社)の「能作品全覧」は、常に机の上に置いておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲林院

100421

先週末、西陣の鳥岩楼さんに親子丼を食べに行った。ついでに雨宝院へ御衣黄桜を見に行く。狭い境内は花盛り。たくさんの人でにぎわっていた。

桜の花を見ていたら、ふと謡曲の雲林院を思い出し寄ってみた。雨宝院に比べるとひっそり。近くのマンションの外壁には、事前発掘調査で検出された雲林院(紫野院)跡の発掘成果のパネルが設置されいる。

花にいとふ風の京都謡曲史跡案内の曲目解説に〈雲林院〉と、お稽古日記〈笛袋を作りたい〉を更新。
トップページの画像とヘッダの画像も桜に替えてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハート頭の天使

100419

手術から半年後のMRI検査CT検査を来週にひかえ、ここ数日、ちょっとナーバス。
そんな時、ハート頭の天使くんが、大丈夫だよ〜と励ましてくれる。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

片山定期能4月公演@京都観世会館

片山定期能に行って来た。

「熊野」は観るたびに、曲に対する興味がつきない。
先日、京都アスニーでの森田流笛方帆足正規師の講演で、謡の中の会釈笛の重要性を強調されていたことは、前にも書いた。そのことを頭に入れて「熊野」を観ると、たしかに主人公の熊野の心象を、会釈笛があらわしているように思えた。

能「熊野」
シテ:片山伸吾 ツレ:梅田嘉宏 ワキ:原大 ワキツレ:有松遼一
笛:森田保美 小鼓:吉坂一郎 大鼓:谷口有辞

狂言「飛越」
シテ:茂山千三郎 アド:茂山宗彦

能「海士」
シテ:武田大志 子方:片山清愛 ワキ:小林努 ワキツレ:有松遼一 アイ:松本薫
笛:光田洋一 小鼓:清水皓祐 大鼓:井林清一 太鼓:井上敬介

子方の片山清愛くん、すっごい集中力だ。将来が楽しみ。

昨年の桜の季節には、京都の謡曲史跡の桜の名所をたくさん訪ねた。
熊野の道行きも、写真を撮リながら歩いた。明日にでも花にいとふ風の謡曲史跡案内に加えておきたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〈期待〉大和秦曲抄Ⅱ~五体風姿

大倉源次郎師が企画する大和秦曲抄の第二弾が、5月25日に国立能楽堂である。
大倉源次郎師のブログで、その内容が公表されました。すっごく楽しみ。

昨年3月に行われた1回目に行ったが、コトバが出ないほど感動して、余韻で胸がキュンとなった。
もう1度味わってみたいので、すぐに申し込む。

以下はブログ「刻々是好刻」から抜粋。

大和秦曲抄Ⅱ
動画配信公開収録公演 大和秦曲抄~五体風姿~

【日時】5月25日(火)開場17時半 開演18時
【会場】 国立能楽堂
【入場料】 全席指定(10,000円/税込)完成DVD1枚+送料含む
【演目】
・舞囃子 観世流「高砂」観世銕之丞
・小鼓一調 金春流「八島」櫻間右陣 荒木賀光
・舞囃子 喜多流「羽衣」粟谷明生
・大鼓一調 金剛流「天鼓」金剛永謹 山本孝
・舞囃子 宝生流「乱」近藤乾之助
・一管 一噌流「未定」 一噌仙幸
・小鼓一調 金剛流「夜討曽我」金剛永謹 大倉源次郎
・大鼓一調 観世流「女郎花」観世清和 亀井忠雄
・太鼓一調 金春流「葛城」櫻間右陣 金春國和

初めて一噌仙幸師の笛を生で聴けるんだと思うとドキドキが止まらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第61回京都薪能番組

第61回京都薪能の番組のチラシの配布が始まったもよう。
始まるまでには、花にいとふ風の京都謡曲史跡案内の記事をそろえておきたいなあ〜

第61回京都薪能 京の古跡を歩く
於:平安神宮

第一日目
6月1日(火)  17:30(開場16:30 終了予定20:45頃)

観世流能「鞍馬天狗 白頭」
橋本擴三郎 大江又三郎 子方で分林道隆くん出ますheart01
笛:左鴻泰弘heart04 小鼓:曽和尚靖 大鼓:谷口有辞 太鼓:井上敬介

観世流半能「半蔀」
武田邦弘
笛:帆足正規 小鼓:曽和博朗 大鼓:井林清一

大蔵流狂言「六地藏」茂山あきら

金剛流能「舎利」
種田道一 廣田泰能
笛:森田光廣 小鼓:竹村英敏 大鼓:武重方軌 太鼓:前川光長

第二日目
6月2日(水)  17:30(開場16:30 終了予定20:50頃)

観世流能「嵐山」
浦部幸裕 深野新次郎
笛:杉信太朗 小鼓:林大和 大鼓:井林久登 太鼓:前川雪

金剛流半能「祇王」
金剛永謹
笛:杉市和 小鼓:竹村英雄 大鼓:河村大

大蔵流狂言「鬼瓦」茂山千五郎

観世流能「土蜘蛛 入違之伝」
味方 團 橋本光史
笛:相原一彦 小鼓:吉坂一郎 大鼓:石井保彦 太鼓:前川光範

チケットは1日目・2日目別売
4/25より発売

※小耳にはさんだ情報☆
昨年まで雨天順延でしたが、今年からは雨天の場合は京都会館第一ホールで開催するそうです。なので、前売りチケットも京都会館第一ホールに収容できる数となってくるので、枚数に制限があるみたい。チケット購入はお早めに!
もちろん晴れたらいくらでも入場できるんだろうけど…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一調二機三声@京都芸術センター

京都芸術センターでの素謡の会「一調二機三声」へ行く。
今年で6年目に突入するそうだ。今年の企画は味方團師。ナビゲーターは田茂井廣道師。
毎回、気になってはいたのだが、素謡を聴くのは苦手と敬遠していた。今回からは、味方健先生の解説もあるということだし、思いきって行ってみた。

京都芸術センター〈素謡の会〉
一調二機三声 第1回 「祝言の声」
お話 味方健
「神歌」
翁:味方健 千歳:味方團 地謡:浦田保親 田茂井廣道 大江信行 笛:森田保美 小鼓:荒木賀光
「竹生島」
シテ:浦田保親 ツレ:大江信行 ワキ:田茂井廣道 地謡:味方團
独鼓「竹生島」
謡:浦田保親 小鼓:荒木賀光

第1回目となる今日の曲は、神歌と竹生島。神歌には笛と小鼓が入ったので、番囃子となり神歌じゃなくて翁になるのだそうだ。なので正確には翁付き竹生島。
翁付き竹生島になると、竹生島の詞章が一部分白鬚の詞章となる。

最初に味方健先生による解説があり、笛が森田保美師で、小鼓が荒木賀光師。最後に、荒木賀光師の独鼓もあったし、堪能、堪能。本当に、あっという間に時間が経った。

森田保美師が笛を吹かれるのを、舞台では拝見しても真近くで見たことが無かったので、吹き込みとか息継ぎとか、真剣にチェック。勉強になりました。

味方團師のブログ「味方團のあちらこちら」に、「一調二機三声」の宣伝ビデオがアップされています♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百万絵巻

100414

うつし心か むら烏
うかれと人は とひもせて
おもはぬ人を たつぬれは
おやこのちきり あさ衣

今年の初め、室町時代に描かれたとみられる「百万」絵巻がアメリカで見つかり話題となった。この絵巻は国立能楽堂が収蔵することになり、兄弟本とみられる桃山時代の絵入謡本「百万」と一緒に、3月には国立能楽堂資料展示室「収蔵資料展」で公開された。

国立能楽堂資料展示室では、「百万絵巻」の図録が売られている。百万絵巻全幅のカラー図版、絵入謡本「百万」のカラー図版、小林健二氏の論文〈「百万」絵巻出現の意義ー能楽研究の視点から〉が所収。

絵入り謡本「百万」については、京都国立博物館のサイトのこちらのページで、切畑健〈絵入り謡本「百万」 〉が読める。

私は、ネットニュースで新出絵巻の存在を知り、公開を楽しみして収蔵資料展を見に行ってきた。公開中に記事をエントリーできなかったことを残念に思っていたところ、サントリー美術館での国立能楽堂コレクション展に出品されるというので、ぜひ紹介しておきたい。一見の価値あり!

サントリー美術館 開場25周年記念
国立能楽堂コレクション展「能の雅(エレガンス) 狂言の妙(エスプリ)」
会期:2010年6月12日(土)〜7月25日(日)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第138回都をどり

知合いに招待券をいただき、ダンナさんと二人で、京都の春の風物詩「都をどり」へ行く。

まずはお茶席で、とらやの生菓子と、お抹茶をよばれる。都をどり特製団子皿は、お土産として持ち帰ることができる。
お茶をよばれた後は、庭園を拝見。
以前、「平安京探偵団」に、「崇徳院の怨霊のゆくえ」という記事を書いた。祇園歌舞練場の東側に、崇徳天皇の御廟がある。西田直二郎先生の考証によると、御廟の背後(歌舞練場の中)にもうひとつ墳丘があり、そちらが「崇徳院御廟所」址で、現在の「崇徳天皇廟」は「御影堂」址と推定されている。『京都史蹟の研究』の中には、その墳丘と石仏の写真が載っている。
前々から、今もその墳丘があるのか確かめたかった。ちょうど良い機会が到来。しかし、残念ながら墳丘は確認できなかった。どうやら無くなってしまったように思う。

さて、都をどり。
華やかで、艶やかで、見ているだけで心が浮き立つ。1時間の公演だが、あっと言う間に終わった感じがする。
今度生まれてきたら、絶対に舞妓さんになりたい!

第138回都をどり
 → 公式サイト
平成22年4月1日〜30日
於:京都・祇園甲部歌舞練場
主催:京都市観光協会 祇園甲部歌舞会

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第57回喜多流涌泉能@大江能楽堂

「動静天地以 視哉涌泉美」鈿之翁
(動静天地を以てす、視よや涌泉の美を)

喜多流涌泉能の番組の冒頭に書かれていた言葉。

喜多流涌泉能(ようせんのう)へ行って来た。
能を通じて知り合ったお友達に、喜多流に興味が出てきたことを話すと、誘ってくださった。
「湯谷」と「藤戸」。どちらもなじみ深い曲。
流儀による型の違いは当然のことながら、流儀によって曲の印象もずいぶんと違ってみえるということを体感でき、とても勉強になった。
帰り道、五流のいろんな舞台をたくさんの観たいと強く思った。

狂言「八句連歌」は初めて観た。詞章を読まずに観たので、笑いどころが微妙にわからない。家に帰って詞章を読んでやっと納得。とほほ。

能「湯谷」
シテ:高林白牛口二 ツレ:高林昌司 ワキ:福王知登 ワキツレ:喜多雅人
笛:森田保美 小鼓:曽和尚靖 大鼓:谷口有辞

狂言「八句連歌」
小笠原匡 山本豪一

能「藤戸」
シテ:高林呻二 ワキ:江崎敬三 ワキツレ:是川正彦 間小笠原匡
笛:森田保美 小鼓:成田達志 大鼓:河村大 太鼓:井上敬介

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笛に託す能楽の心@京都アスニー

今日はとても充実した一日。

朝からいつもの病院。10時過ぎに治療を終えて、大急ぎで京都アスニーへ。
20分ほど遅刻して、森田流笛方帆足正規師による「笛に託す能楽の心−日本の音の奥にあるもの」と題する講演に駆け込む。たくさんの聴衆を前に、分かり易く能と能の音楽について語られた。
話の中で印象に残ったのは、謡の中の会釈笛の重要性を強調されておられたこと。次に能を観るときは、会釈笛に耳をすまそうと思う。講演の中で、安宅と松風の名乗り笛の実演があり、両者の違いを体感する。映像では、7年前の大濠公園能楽堂での素囃子の獅子を見せてくださった。
帆足先生といえば、帆足のうとの「能ほど易しい演劇はない」が好き。

昼からは、京都国立博物館で明日から始まる長谷川等伯展の開会式へ行く。早く京都へ来ないかとお待ちかねだった特別展。さすがに、たくさんの招待客。とにかく先へ先へと進み、障壁画・屏風のコーナーへ。大好きな等伯の障壁画を独り占めで、最高に幸せ。ミュージアムグッズも充実している。

博物館を後にして、都おどりへ。でも残念ながら、指定席が取れなかったのであきらめる。後日の指定席を予約して、建仁寺をぶらぶら。ダンナさんと、久々にデート気分。いろんな発見をしながら、縄手を上がって行った。先月オープンしたばかりというフレンチのカジュアルレストラン・縄手ワイン食堂で早めの夕食。リーズナブルで、美味しかった。壁には、竹宮恵子さんのでかいサインが!「テラへ」の主人公のキャラクターの絵のようだ。その横には、西原理恵子さんのサインも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次のお稽古は半月先

京都のお稽古日。
今日こそはとがんばるが、みごとに玉砕。
左鴻師匠は、金剛流のスペイン・ポルトガル公演へと旅立たれるので、次のお稽古は半月先。師匠の海外公演までにはクリアしたいと思っていただけに、情けなくて、笛に申し訳ない。師匠が帰ってくるまで猛特訓しよう!
お稽古アスターは、新風館のTAWAWAでバイキング。珍しくお酒無し。

明日、 4月9日、京都アスニーのゴールデン・エイジ・アカデミーで、森田流笛方帆足正規師による「笛に託す能楽の心−日本の音の奥にあるもの」と題する講演がある。ちょっと興味あり。
詳しくは京都アスニーのサイトで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森田流能管教室のご案内

「花にいとふ風」の能管教室のご案内のページに、年に1度の社中の親睦会である鍋の会の集合写真をアップしてみました。
こんな人たちがお稽古を続けています。中央が左鴻先生です。その後の背後霊みたいなのが、ワタクシです(笑)
能管に興味のある方、ぜひぜひお気軽に遊びに来てくださいませ。

能管(のうかん 横笛)は、 数ある日本の管楽器の中でも最も表現力豊かで個性のある楽器です。中之舞、序之舞、神楽、獅子舞など、能楽に使われる舞の音楽のお稽古です。

京都 ・大津・大阪・東京にお稽古場があります。まずはお気軽に見学にいらしてください 。京都・大阪・大津は月2回。東京は月1回。月謝は場所によって違います。学生割引あり。複数のお稽古場へ通う場合は応相談。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第13回廣田鑑賞能@金剛能楽堂

日曜日は第13回廣田鑑賞能へ行って来た。

狂言「伯母ケ酒」
茂山千三郎 松本薫

能「殺生石 女体」
シテ:廣田幸稔 ワキ:高安勝久 アイ:網谷正美
笛:相原一彦 小鼓:清水皓祐 大鼓:谷口有辞 太鼓:前川光範

女体の小書きがついて、前場が舞クセになり、後場が石の中から妖艶な女体の妖狐があらわれる。そして狭い一畳台の上で、激しい仕方話。

一畳台に無限の広がりを感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第9回初桜能@八坂神社能舞台

100404

先週の土曜日、第9回初桜能へ行って来た。
お天気はとても良かったが、少し風がきつくて寒かった。

今回の演目は「花月」。花の盛りの清水寺でのお話。
分林道治師の舞台は、装束にどんな取り合わせをしはるのか、いつも楽しみ。
この日の出立ちは、朱地に源氏香と蝶の文様の縫箔、えりは朱とうぐいす色。レモン色の水衣、大口は薄いうぐいす色。とても鮮やかな黄色が、印象的。
分林道治師のブログを拝見すると、レモン色→鬱金、薄いうぐいす色→浅黄とのこと)
舞台の上で桜の花を散らすうぐいすを追い払おうと花月が弓をつがえた瞬間、隣に座った女性の持っていた謡本に花びらがひとひら、舞い落ちハッとする。野外能ならではのできごと。


笛は左鴻師匠。羯鼓が聴けると、前日からドキドキしていた。しっかりと拝聴。そして花月の舞姿を頭に刻んだので、次に羯鼓を吹く時は、ちゃんと頭に描けそうな気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ペキニーズオフ会@京都御所

先週の土曜日、京都御所で行われたペキニーズのオフ会へ行って来た。
私は用事があったので先に帰り、写真がちょっとしか撮れなかったが残念。
ペキニーズが36匹集合したとのこと。
同じペキニーズといっても、千差万別。いろんなお顔に、いろんな性格。
でもなんたってペキニーズはかわいい。
うちの子たちおりこうさんにできたのかな?

詳しくは、忍者犬として有名なBooちゃんのブログ「ペキニーズBooの冒険・探検」を見てくださいね。

1004031

1004032

番外編
「一角仙人」という能がある。
その主人公の一角仙人の装束には、木の葉がいっぱいついている。
この日のクイールくん、まさに一角仙人だ!

1004033

そしてその日の晩は、みんな疲れ果てて討ち死に状態。

1004034


| | コメント (2) | トラックバック (0)

松野奏風『私の能舞台』

100402

松野奏風『私の能舞台』(丸岡出版 1937)

昔の本は、美しいつながりでこの1冊。
羽衣を描いた木版画がついている。
松野奏風は、能画家で、この大型本は、能舞台の画文集。
舞台の息吹が伝わってくるようなスケッチ。おもしろい!と感じて衝動買い。

実はわたしも一つの能に1ページと決めて、スケッチを続けている。わたしの場合は、装束とその文様への興味から走り書きしているだけだけど(汗)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

狂言集成

100401_2野々村戒三・安藤常次郎共著『狂言集成』(春陽堂 1931)

間狂言の詞章を読みたくて買った本。後に能楽書林から再刊されいる。能楽書林の古書相場は高いけれど、春陽堂から出た分を探せば安いものに出会える。
たいていのものは載っているので重宝している。

昔の本の装幀って、とても凝っていて美しい。外箱には扇に色紙が散らされ、本体には狂言画(たぶん靭猿かな?)。表裏の見返しにも橋掛りの松が描かれている。刷りあがりはキレイだったろうな〜
本文に挿入されている狂言画や写真もおもしろい。解説は笹野堅で「解説ー和泉流に就いて」という一文が巻頭にあり。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »