« ペキニーズオフ会@京都御所 | トップページ | 第13回廣田鑑賞能@金剛能楽堂 »

第9回初桜能@八坂神社能舞台

100404

先週の土曜日、第9回初桜能へ行って来た。
お天気はとても良かったが、少し風がきつくて寒かった。

今回の演目は「花月」。花の盛りの清水寺でのお話。
分林道治師の舞台は、装束にどんな取り合わせをしはるのか、いつも楽しみ。
この日の出立ちは、朱地に源氏香と蝶の文様の縫箔、えりは朱とうぐいす色。レモン色の水衣、大口は薄いうぐいす色。とても鮮やかな黄色が、印象的。
分林道治師のブログを拝見すると、レモン色→鬱金、薄いうぐいす色→浅黄とのこと)
舞台の上で桜の花を散らすうぐいすを追い払おうと花月が弓をつがえた瞬間、隣に座った女性の持っていた謡本に花びらがひとひら、舞い落ちハッとする。野外能ならではのできごと。


笛は左鴻師匠。羯鼓が聴けると、前日からドキドキしていた。しっかりと拝聴。そして花月の舞姿を頭に刻んだので、次に羯鼓を吹く時は、ちゃんと頭に描けそうな気がする。

|

« ペキニーズオフ会@京都御所 | トップページ | 第13回廣田鑑賞能@金剛能楽堂 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

キャ〜!
花月さま〜!
コメントありがとうございます。
いつも感動をありがとうございます。

今度の笛のお稽古では、鬱金色の水衣を頭に思い描いて、一生懸命に吹きます。

投稿: ヨウダ | 2010.04.06 12:31

ヨウダさん

突然お邪魔します!!

土曜日はありがとうございました!!

思ったより風がきつかったですね。
お身体、冷えていませんか?
鞨鼓、しっかりと頭に刻んでお稽古頑張って下さい!

投稿: 花月 | 2010.04.05 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/48005595

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回初桜能@八坂神社能舞台:

« ペキニーズオフ会@京都御所 | トップページ | 第13回廣田鑑賞能@金剛能楽堂 »