« 笛に託す能楽の心@京都アスニー | トップページ | 第138回都をどり »

第57回喜多流涌泉能@大江能楽堂

「動静天地以 視哉涌泉美」鈿之翁
(動静天地を以てす、視よや涌泉の美を)

喜多流涌泉能の番組の冒頭に書かれていた言葉。

喜多流涌泉能(ようせんのう)へ行って来た。
能を通じて知り合ったお友達に、喜多流に興味が出てきたことを話すと、誘ってくださった。
「湯谷」と「藤戸」。どちらもなじみ深い曲。
流儀による型の違いは当然のことながら、流儀によって曲の印象もずいぶんと違ってみえるということを体感でき、とても勉強になった。
帰り道、五流のいろんな舞台をたくさんの観たいと強く思った。

狂言「八句連歌」は初めて観た。詞章を読まずに観たので、笑いどころが微妙にわからない。家に帰って詞章を読んでやっと納得。とほほ。

能「湯谷」
シテ:高林白牛口二 ツレ:高林昌司 ワキ:福王知登 ワキツレ:喜多雅人
笛:森田保美 小鼓:曽和尚靖 大鼓:谷口有辞

狂言「八句連歌」
小笠原匡 山本豪一

能「藤戸」
シテ:高林呻二 ワキ:江崎敬三 ワキツレ:是川正彦 間小笠原匡
笛:森田保美 小鼓:成田達志 大鼓:河村大 太鼓:井上敬介

|

« 笛に託す能楽の心@京都アスニー | トップページ | 第138回都をどり »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/48052172

この記事へのトラックバック一覧です: 第57回喜多流涌泉能@大江能楽堂:

« 笛に託す能楽の心@京都アスニー | トップページ | 第138回都をどり »