« 忠霊@日本伝統音楽研究センター | トップページ | 1月末の観能メモ »

コレクター

京都のお笛のお稽古日。
相変わらず羯鼓。どこまで続くか、中之舞なみに長びきそうな予感。

雑談中に、衝動買いしてしまうものの話となる。
お稽古仲間のおしゃれなN氏は、カッコいいメガネを見ると衝動買いしてしまうという。いつもフォルムの綺麗なメガネをかけていらしゃる。師匠も万年筆にこだわってらっしゃる。
私はやっぱり本ですかねえ。興味のある分野の本を、片っ端から集めたいという衝動にかられて、ついつい衝動買いしてしまう。今日も仕事帰りに古本屋さんで、能の本を3冊と、ムック本を買う。

野上豊一郎篇『能二百四十番 主題と構成』
お友達が持っていて欲しくなった本。

堂本正樹『喝食抄 堂本正樹能劇評論集』
前に読んだ『能・狂言の芸』が面白かったので。

栗林貞一『能を見る人に』
巻末の附録にひかれる。古い能の番組もはまされていた。

別冊家庭画報『伝統芸能の若き獅子たち』
ビジュアル買い。新聞の切り抜きがはさまれていた。前の持ち主は、きっと茂山家のファンだったのだろうな。

|

« 忠霊@日本伝統音楽研究センター | トップページ | 1月末の観能メモ »

能の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/47605084

この記事へのトラックバック一覧です: コレクター:

« 忠霊@日本伝統音楽研究センター | トップページ | 1月末の観能メモ »