« ナルシスト | トップページ | 京都薪能六十回記念祝賀乱能 休憩前 »

謹賀新年

100101

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

お節料理は、お姑さんが作ってくれました。
わたしが用意したのは、かまぼこと、焼きぐりと、雑煮。
京都は白みそ雑煮。夜はおすましの雑煮にします。

さて初観能(初追っかけともいう)は、京都能楽会新年奉納。
平安神宮の神楽殿で毎年元旦に奉納されている。

「翁 日吉式」 
翁:井上裕久 千歳:橋本光史 三番三:茂山千五郎
笛:森田保美 小鼓:林吉兵衛、林大和、林大輝 大鼓:石井保彦

一昨年、翁にはまって、いろんな本を読んだけど、結局、自分の中でまとめられないままに放置していた。今年は翁をもう一回考えてみよう。

舞囃子「高砂」 
金剛龍謹 原大
笛:左鴻泰弘 小鼓:竹村英敏 大鼓:谷口有辞 太鼓:前川光長

師匠の初笛が、神舞なのが、とってもうれしいheart01

来年の夏、左鴻先生の門下の会が予定されている。
神舞もいいなあ…

人混みにずっといる勇気がなかったので、舞囃子「嵐山」まで残れず。
残念ながら杉信太朗さんの笛を聴くのはお預け。

|

« ナルシスト | トップページ | 京都薪能六十回記念祝賀乱能 休憩前 »

「お気楽な毎日」カテゴリの記事

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

月扇堂さん
おめでとうございます。
そうなんですよ、大きな頭芋を入れないといけないんですが、うちのダンナさんは、子どものときから大嫌いだったらしく、わが家では白餅しか入ってません。
お椀は、たしかに彼の実家のも大きめです。

おお!いらっしゃいましたか!
わたしもカメラマンさんのすぐ後でかぶりついとりました。入り口だったので、寒さもひとしお(笑)

投稿: ヨウダ | 2010.01.02 13:39

たびたびすみません。

素晴らしいお節ですね!
レンコンをちゃんとお花にしてあるのがさすがだと思いました。
<こちらが本題でした。

お雑煮、大きいのですね。
京都では頭芋を入れるというけど、どうやってあんな大きなものを入れるのだろうとずっと不思議に思っていたのです。
器からして大きいのでしょうか。
お芋四つ割りにしてしまった我が家って…(_ _;)

投稿: 月扇堂 | 2010.01.02 12:06

あけましておめでとうございます。

わたくしも初めてまいりました! なぜか最前列かぶりつきの席になってしまいました。

やっぱりお正月に「翁」はよろしいですね。短かったし(^_^;) <寒かったので助かりました。

投稿: 月扇堂 | 2010.01.02 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/47176209

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年:

« ナルシスト | トップページ | 京都薪能六十回記念祝賀乱能 休憩前 »