« 京都薪能六十回記念祝賀乱能 休憩前 | トップページ | 京都薪能六十回記念祝賀乱能 休憩後 »

新春能@大槻能楽堂

大槻能楽堂の新春能の2日目に行って来た。
能舞台に注連縄が張り巡らされたお正月の能楽堂の雰囲気が好き。そしてやっぱり正月といえば翁だ。
休憩時間には、甘酒と日本酒の振舞い酒があった。

「翁」
翁:片山幽雪 三番三:善竹隆平 千歳:分林道治 面箱:善竹隆司
笛:杉市和 小鼓:大倉源次郎 清水和音 清水雅音 太鼓:守家由訓
後見:片山清司 味方玄
地謡:大槻文蔵 泉嘉夫 上田拓司 山本博通 寺澤幸祐 武富康之 長山耕三 長山桂三 
狂言後見:善竹忠一郎 上吉川徹

片山九郎右衛門あらため片山幽雪となった。師の舞台は、できるだけ見ておきたいと思う。
千歳が分林道治師だったので、なおうれし♪
笛は杉市和先生。ヒシギがキレイにひびいて気持ち良い。

能「正尊 起請文 翔入」
シテ:観世銕之丞 子方:寺澤拓海 ツレ:片山伸吾 浦田保親 山本章弘 生一知哉 寺澤幸祐 武富康之 長山耕三 長山桂三 斎藤信輔 水田雄晤 ワキ:福王茂十郎 愛:善竹忠亮
笛:藤田六郎兵衛 小鼓:曽和尚靖 大鼓:河村総一郎 太鼓:中田弘美
後見:大槻文蔵 泉泰孝 赤松禎英
地謡:上野朝義 多久島利之 斎藤信隆 上野雄三 山本正人 泉雅一郎 味方玄 越知芳彦

昨年、「松風」でステキな舞台をみせてくださった観世銕之丞師。
子方の静が中之舞を舞う。六郎兵衛師の中之舞、大好きheart01
起請文を読み上げる場面、大小の鼓の音、掛け声、シテの銕之丞師の声が、とても良い感じに重なりあって感動的。大槻能楽堂の音響効果も影響してるように思う。
斬り合い場面もスペクタルで、一対一とかじゃなくて、二対二とか、二対一とか面白かった。浦田保親師の斬られっぷりが見事。

ちょっと追記したいけれど、まずはここまで。
あ〜能って、おもしろい♪

|

« 京都薪能六十回記念祝賀乱能 休憩前 | トップページ | 京都薪能六十回記念祝賀乱能 休憩後 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

みーこさん
西行桜、行かれたのですね!うらやましです。わたしも幽雪師の西行桜観たかったです。
桜の便りを耳にする季節となりました。
西行桜の舞台、大原野でも、そろそろ咲き始めているのではないでしょうか?
今年も訪ねてみたいです。

投稿: ヨウダ | 2010.03.21 22:25

国立能楽堂定例公演に片山幽雪さまの「西行桜」が見たくて、はじめて有料で能楽鑑賞しました。NHKFMラジオで幽雪さまの「雨月」を聞き「良い声だなあ」と感心し、西行法師ゆかりの演目、同じく人間国宝の宝生閑さまが西行法師で出演のため、チケット発売当日に申し込み、楽しみにしつつ、仕事帰りに行ってまいりました。睡眠不足で仕事帰りで、見る前は、あまりの気持ちよさにうとうとしないか少し気がかりでしたが、杞憂でした。序の舞が終わり、もうお別れのときなのかと思われた瞬間、胸がせつなくなって目に涙がにじみました。初めての経験も多く、予想をはるかに超えたものでした。国立能楽堂に行ったのも初めてですが、字幕が日本語と英語で見れるので(たまに自分より前方の席の字幕を見ただけですが)謡がより理解できて良いなと思いました。年齢を感じることが増えたとコメントされているようですが、少しでも長くご活躍いただきたいと思いました。幽雪さまの能舞台また見に行きたいです。関西にお住まいの方は幽雪さまの能舞台が頻繁に見れて、桜の名所もたくさんあって、西行法師ゆかりの地も多い、いいですねえ。

投稿: みーこ | 2010.03.20 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/47207132

この記事へのトラックバック一覧です: 新春能@大槻能楽堂:

« 京都薪能六十回記念祝賀乱能 休憩前 | トップページ | 京都薪能六十回記念祝賀乱能 休憩後 »