« 和洋の再会@日本基督教団浪花教会 | トップページ | 聲壽会@京都観世会館 »

四季彩能〜京八景@京都観世会館

土曜日、今年から始まった企画公演〈四季彩能〜京八景〉の第1回目に行って来た。
京都を舞台にした春夏秋冬の季節にあわせた曲が取り上げられ、毎回、演能前に解説もあるそうだ。
京都を舞台にした曲というのがいいなあ。
この公演にあわせて、京都謡曲史跡案内の記事を更新させよう!と思っていたのだが、ちょっと間に合わなかった(汗)

今回は、 対談「面」、第一景「嵐山」、第二景「田村」。

対談「面」 見市泰男(能面打師) 河村晴道
能面について、短い時間に、わかり易くレクチャー。勉強になった。

能「嵐山」
シテ:浅井通昭 ツレ:浦部幸裕 武田大志 吉田篤史 ワキ:原大 ワキツレ:小林努 岡充 間:茂山あきら
笛:左鴻泰弘 小鼓:曽和尚靖 大鼓:石井保彦 太鼓:前川光範 地頭:井上裕久

能「田村」替装束
シテ:味方玄 ワキ:江崎金治郎 ワキツレ:松本義昭 和田英基 間:網谷正美
笛:森田保美 小鼓:吉坂一郎 大鼓:谷口有辞 地頭:浦田保浩

ワキ方の江崎金治郎師の舞台は、ほとんど観たことがなかったのだが、その存在感に圧倒される。シテワキが「春宵一刻値千金 花に清香〜」の場面、ゾクゾクした。

|

« 和洋の再会@日本基督教団浪花教会 | トップページ | 聲壽会@京都観世会館 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/47322650

この記事へのトラックバック一覧です: 四季彩能〜京八景@京都観世会館:

« 和洋の再会@日本基督教団浪花教会 | トップページ | 聲壽会@京都観世会館 »