« 新春能@大槻能楽堂 | トップページ | ラッキーセブン »

京都薪能六十回記念祝賀乱能 休憩後

京都薪能六十回記念祝賀乱能の休憩後♪

乱能では、普段の舞台からは決して見ることができない笑顔や、お人柄が垣間見え、十二分に楽しませていただいた。

舞台の上から、干菓子(箱から推測して両口屋是清の二人静か?)が見所へ撒かれたりもした。
一口1000円で、出演者全員のサイン色紙が当たるクジもあって、私は、橋本雅夫師と竹村英雄師のサインの入った色紙をゲット♪左鴻師匠のサインみたかったな…

一調「放下僧」
謡:茂山千作 小鼓:金剛永謹

一調「舟弁慶」
謡:茂山千之丞 太鼓:橋本雅夫

狂言「膏薬練」
大江又三郎 林喜右衛門
後見:河村和貴

大江又三郎師と林喜右衛門師の洒脱な掛け合いが、狂言を超えておかしかった。

独調「杜若」
謡:網谷正美 太鼓:大塚嘉則

舞囃子「高砂」
井林清一
笛:茂山逸平 小鼓:大江泰正 大鼓:味方玄 太鼓:浦部幸裕
地謡:吉坂一郎 曽和尚靖 小林努 有松遼一

茂山逸平師の笛の後見に河村和晃師がついていて、頼るそぶりを見せたり、もういいよというそぶりを見せたり、仲良し兄弟みたい。

舞囃子「花月」
帆足正規
笛:宇高竜成 小鼓:橋本光史 大鼓:橋本忠樹
地謡:成田達志 石井保彦 茂山千三郎 久馬治彦

橋本兄弟の鼓が印象的。

狂言「猿聟」
大江信行 味方健 浅井通昭 松野浩行 梅田嘉宏 河村浩太郎 武田大志 大江広祐 吉田篤史
後見:大江泰正 味方團

もとの狂言を見た事がないのが悔しいな。
大江信行聟猿、ホントに悪い先輩に飲まされたお酒で顔が赤かったの?それともメーク?
松野浩行お嫁さん猿、きっとワタシより美人。
吉田篤史猿は、見所へバナナを渡していた。欲しかった。
クラッカーを鳴らしたのにはびっくりした。

小舞「幼けしたるもの」
小林努
地謡:原大 久馬治彦 有松遼一 岡充

京都のワキ方の中で、1番ご贔屓なのが小林努師。
ただ者ではないと思っていたけれど、やっぱただ者ではないと思う。
でもこちらも残念なことに、もとの小舞を知らないので、何ともいえない。

舞囃子「熊坂」
茂山千五郎
笛:廣田泰能 小鼓:金剛龍謹 大鼓:松野恭憲 太鼓:今井克紀
地謡:谷口有辞 井林久登 茂山正邦 茂山茂

能「一角仙人」
シテ:前川光長 ツレ:杉市和 杉信太朗 前川光範 ワキ:武重方軌 林大和 林大輝
笛:田茂井廣道 小鼓:浦田保親 大鼓:杉浦豊彦 太鼓:河村晴久
後見:曽和尚靖 森田保美
地謡:竹村英雄 林光寿 成田達志 石井保彦 吉阪一郎 左鴻泰弘 谷口有辞 井林久登 
台後見:茂山良暢 茂山童司 作物後見:松本薫 山口耕道

杉市和先生の旋陀夫人姿を見ることができただけでも感激。
前川光長師、とても良い感じ。
作り物から飛び出した龍神は、信太朗師と光範師。面ではなく魚のマスクをかぶっていた!縦横無尽でむっちゃカッコいい!お二人は、囃子方きっての若手イケメンコンビなのだから、直面ででてきて欲しかった〜!

さて次は10年後ですかね。

|

« 新春能@大槻能楽堂 | トップページ | ラッキーセブン »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

ひめさん コメントありがとうございます。

乱能、わたしも初体験です。
能にはまったのがこの1年くらいなので、まだまだわからないことがいっぱい。
今は笛一筋!
たくさん稽古へ通っているわりには上達しないのが玉にきずです。とほほ。

投稿: ヨウダ | 2010.01.11 11:29

 こんばんは~
で、 あけましておめでとうございます
今頃ですいません。。。

乱能 初めてだったんですよ 
本当に楽しかったですよね
私は出遅れて 脇正の後ろの方しか席が取れなかったんですが
それでも十分楽しめました
お菓子は届きませんでしたが・・・・

また10年後が楽しみです

笛のことお話できるのが楽しいんです
今年もよろしくお願いします!

投稿: ひめさん | 2010.01.11 01:36

コメントありがとうございます♪

諸先生方が楽しんでいらっしゃるのと、見所を楽しませようと努力なさっているのが、正面の1番前の席だったので、ビンビンと伝わっていきました。
10年後も楽しみです♪

今年もよろしくお願いいたします。

投稿: ヨウダ | 2010.01.10 21:51

ヨウダ様

明けましておめでとうございます(遅いですね)。

乱能のご報告、ありがとうございました。
当日の熱気が伝わってきました。

出演者の先生方も存分にお楽しみになったのでしょうね。
ヨウダさんのお師匠様の身に何が?! というのがちょっと気になりますが(笑)。

それから、番組の丁寧なご紹介、本当に嬉しいです。
昨年のご紹介のときの一覧を何度眺めたことか。
(そして心の中で嵐)
大変な作業だったことと思います。

今年もこのページを楽しみにしております。
ヨウダさんの楽しいことがたくさんありますように。

では、これで。

投稿: 何と名のれば・・ | 2010.01.10 14:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/47196354

この記事へのトラックバック一覧です: 京都薪能六十回記念祝賀乱能 休憩後:

« 新春能@大槻能楽堂 | トップページ | ラッキーセブン »