« ジャパニーズ・トラディショナル・ミュージック 能・琵琶・尺八1941年 | トップページ | 観世寿夫に会いたい »

伝音講座@日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学の日本伝統音楽研究センターが主催する連続講座「能をよりよく鑑賞するための、音楽演出面のポイント」と「中世京都の芸能空間—文献史料・絵画史料から読み解く—」が始まった。講師は藤田隆則先生と、家塚智子先生。

能の講座は、昨年の春にも受講して、とても勉強になった。今回受講することで、さらに理解を深めることができるんじゃないかと楽しみ。
もうひとつのお楽しみは、毎回、日本伝統音楽研究センターが所蔵する映像や音声を見聞きすること。
今日は、「高砂」を金春惣右衛門・亀井忠雄・北村治・藤田大五郎という人間国宝囃子の映像をみせていただく。シテは観世清和。藤田大五郎師の晩年だと思うのだけれど、ヒシギが見事にひびいていた。生で聴きたかった。

|

« ジャパニーズ・トラディショナル・ミュージック 能・琵琶・尺八1941年 | トップページ | 観世寿夫に会いたい »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/46423593

この記事へのトラックバック一覧です: 伝音講座@日本伝統音楽研究センター:

« ジャパニーズ・トラディショナル・ミュージック 能・琵琶・尺八1941年 | トップページ | 観世寿夫に会いたい »