« 筒と筒袋♪ | トップページ | ブログ「能 狂言 ビラくばり」 »

近江八景@近江神宮薪能

湖都大津十社寺湖信会結成五十周年記念事業「湖都の祈り 三井流声明と薪能」がこの週末に、滋賀県大津市の近江神宮拝殿で催されます!
梅若玄祥師が、国立能楽堂所蔵の天智天皇の面をつけ「近江八景」を舞われます。
「近江八景」は蘭曲(らんぎょく 曲舞)のひとつで、たいへん、珍しい曲。
しかも梅若玄祥師の舞でといえば、御用とお急ぎでない方は、見なくちゃ損です!しかも3000円ですよ!

詞章は短いんで記しておきます(「謡曲三百五十番集」より)


「近江八景」
あれに見えたる比良の山 小松が原に吹く嵐は 山市の晴嵐もかくやらんと思はれ 真野の入り江の洲崎の真砂は 雪かと見えて江天の暮雪に異ならず あら面白やと見る程に いとど心の澄み渡る
堅田の裏の釣舟の 沖より家路に急ぐをば 遠浦の帰風かとうち眺め雪の一むら のこれるは夜の雨の名残か さて比叡山の鐘の声を 遠寺の晩鐘かとうち聞きそれ唐崎の洲崎に 翅を垂るる 沙鴎平砂の落雁にこれをなぞらへ さて洞庭の月には 鏡の山を喩へたり
誰を漁村の夕照に釣垂るる者とは 思ふべし 釣垂るる者とは思ふべき

また能の前に披露される声明(しょうみょう)とは、仏教儀式において、仏を賛美してお経に節をつけて歌うものです。三井流声明は、天台声明の中でも寺流(寺門流)と呼ばれ、三井寺に伝えられるものです。

湖都大津十社寺湖信会結成五十周年記念事業 「湖都の祈り 三井流声明と薪能」

【日時】10月24日(土)17時〜19時(荒天中止)
【場所】近江神宮拝殿(滋賀県大津市)
【参加費】3,000円(全席自由席、記念御朱印帖付き)
大津駅・石山駅・堅田駅前観光案内所にて販売
※定員先着250人←まだ十分席があるみたいです
【プログラム】
講演「大津の寺と社」講師:木村至宏(成安造形大学名誉教授)
三井流声明
薪能「近江八景」(梅若玄祥)
【主催】湖信会

<問い合わせ先>
びわ湖大津観光協会 TEL 077-528-2772 (平日のみ)
大津駅観光案内所 077-522-3830
石山駅観光案内所 077-534-0706
堅田駅観光案内所 077-573-1000

近江神宮へのアクセスは、JR大津京駅から徒歩15分、タクシー5分。京阪近江神宮前駅から徒歩7分。
近江神宮のサイトはこちら

小川酒店のおーちゃんのブログには、近江の造酒屋・福井弥平商店の福井専務さんのメッセージがのっていますので、そちらもご参考に♪

|

« 筒と筒袋♪ | トップページ | ブログ「能 狂言 ビラくばり」 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/46477707

この記事へのトラックバック一覧です: 近江八景@近江神宮薪能:

« 筒と筒袋♪ | トップページ | ブログ「能 狂言 ビラくばり」 »