« 姨捨@京都観世会館 | トップページ | 相賀の能@相国寺 »

京都観世例会9月

日曜日は京都観世例会。

【小督】
平家が題材の「小督」、初めて観るので楽しみにしていた。
シテの仲国は、橋本光史師。ワタクシ好みの能楽師さんのひとり。
男前が、直面で、男舞。颯爽としていてステキ。目の保養heart01

【井筒 物着】
シテは林喜右衛門師。
装束と扇がステキ。初冠から、心葉(こころば 梅の造花を冠の巾子につける)と日陰の糸が垂らされていて、喜右衛門師の上品さがさらにさらにアップ。
遅めに行ったので、席が中途半端な中正面。井戸に姿を映す場面、正面から観たかった〜

【善界 白頭】
シテは片山清司師。
1度、金剛永謹師で観たことがあり(金剛流では「是我意」)、きらびやかな舞に圧倒された印象が強くて、今回はどんな感じになるだろうとワクワク。
清司師とツレの吉浪壽晃師との問答が、良い感じ。
後場、シテの装束、黒なのか濃紺なのか、白頭・大団扇の白とのコントラストが美しい。
作り物の車の藍と白の色目がキレイ。
太鼓が小寺佐七師。拝見するのは2回目。

|

« 姨捨@京都観世会館 | トップページ | 相賀の能@相国寺 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/46336266

この記事へのトラックバック一覧です: 京都観世例会9月:

« 姨捨@京都観世会館 | トップページ | 相賀の能@相国寺 »