« しろのゆみ チベット・タンカ展 | トップページ | 鰻と波乃音斗瓶どり@余花朗 »

6月後半の観能メモ

だいぶと日があいてしまった。取り急ぎ追いつかねば!

6月後半の観能メモ

●林定期能 「賀茂」「融」@京都観世会館
能がふたつ「賀茂」と「融」。「賀茂」は左鴻師匠の笛。「融」は竹市学師の笛。
今回の林定期は、すっごく楽しみしていた。初めて竹市学師の笛を聴いた時、師匠の笛とは全く正反対の笛の音!と感じた。それを、ふたつ並べて聴くことができるなんて、考えただけでもワクワク、ドキドキ。
竹市学師の笛も大好きなのだけれど、なんで師匠の笛が好きなのかよくわかった気がする。
いつもはたいてい一人だけれど、お笛のお稽古仲間のNさんと観能。ユニークな視点で能を観る彼女の感想を聞いていると、楽しくてしょうがない。

●若手能 @京都観世会館
左鴻師匠heart01は、観世流舞囃子「生田敦盛」と、金剛流舞囃子「善知鳥」。
「善知鳥」のカケリ(かな)に、心臓がドキドキ。

「邯鄲」シテ:河村和貴 子方:分林道隆 ワキ:宝生欣哉 笛:森田保美 小鼓:林大輝 大鼓:石井保彦 太鼓:加藤洋輝
大好きな子方の道隆くんの舞を見ることができて、感激heart01早くおっきくなあれ。

「殺生石」シテ:金剛龍謹 ワキ:原 大 笛:相原一彦 小鼓:船戸昭弘 大鼓:井林久登 太鼓:前川光範
父子だから当然といえば当然なんだけど、若宗家は宗家の声に似ている。

●京都観世六月例会 「通盛」「百萬」「藤戸」@京都観世会館
立ち見がでるくらいの満席。ちょっと出遅れたので、良い席がゲットできず。脇正面の後の席だったけど、前にでかい男の人が座って何も見えないので、大慌てで2階席に移動。

「通盛」シテ:片山九郎右衛門 ツレ:味方玄 ワキ:宝生欣哉 笛:杉市和 小鼓:曽和尚靖 大鼓:河村大 太鼓:井上敬介
シテとツレの掛け合いが絶妙で、能ってホントにおもしろいを実感。「通盛」という曲自体が、能管をはじめるきっかけを作ってくれたもなので、思い入れが強いせいかもしれない。

「百萬 法楽之舞」シテ:梅若玄祥 ワキ:江崎金次郎 笛:藤田六郎兵衛 小鼓:曽和博朗 大鼓:石井喜彦 太鼓:前川光長
梅若玄祥師は初めて。もう1度みたくて、帰りに秋のチケットをゲット。

「藤戸」シテ:浦田保浩 ワキ:福王茂十郎 笛:帆足正規 小鼓:林光寿 大鼓:谷口有辞

|

« しろのゆみ チベット・タンカ展 | トップページ | 鰻と波乃音斗瓶どり@余花朗 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/45426482

この記事へのトラックバック一覧です: 6月後半の観能メモ:

« しろのゆみ チベット・タンカ展 | トップページ | 鰻と波乃音斗瓶どり@余花朗 »