« 6月後半の観能メモ | トップページ | CD能楽囃子体系届く »

鰻と波乃音斗瓶どり@余花朗

日曜日、キモノシスターズの姉さん方と殿方と総勢10名で、湖西の堅田にある余花朗さんへ、鰻を食べに行って来た。
余花朗(よかろう)は、波乃音酒造さんがやっていらっしゃる鰻屋さん。前々から1度行ってみたかった所。
その建物は、どの座敷からも琵琶湖が一望できるように作られており、俳人高浜虚子が逗留した座敷でのお食事は、ちょっと文化人になった気分。
そして美味しいお料理に、いろんな斗瓶どりのお酒を味あわせていただき、贅沢な時間を過ごす。

お酒は、普通の雄町と、雄町の斗瓶どり、山田錦の斗瓶どりと濁り、愛山の斗瓶どり、2007年の9号の大吟斗瓶どり(山田錦)、渡り船の9号の2008年、2009年、2007年の中汲み。←ちょっと自信ない。
雄町の斗瓶どりと最後によばれた2007年の中汲みが好み♪

写真は、欧陽修(宋代の詩人)の詩の一節「酒浮山色入樽中」。
最初の膳は、カルパッチョみたいなお造りと、アスパラ、冷たい茶碗蒸し。
メインの膳は、鰻と赤出し。
最後は、鰻のお茶漬け。
デザートは、日本酒のアイスクリームと、クレープ包み。

お料理は、3500円。これにお酒を含めて一人4500円也。
お土産には、ココでしか買えないお酒と、一升瓶の携帯ストラップがおすすめ★

090706

余花朗

滋賀県大津市堅田1丁目

tel 077(573)0001

不定休 完全予約制

「うなぎ御膳」

昼3,500円 5,500円 夜8,000円

ワタシのこの日のキモノは、綿麻の縞に、ダンナさんの兵児帯を拝借。

|

« 6月後半の観能メモ | トップページ | CD能楽囃子体系届く »

美味しいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/45560914

この記事へのトラックバック一覧です: 鰻と波乃音斗瓶どり@余花朗:

« 6月後半の観能メモ | トップページ | CD能楽囃子体系届く »