« 7月中盤の観能メモ | トップページ | 明日は囃子堂ですよ♪ »

金剛家能面・能装束展観@金剛能楽堂

毎年恒例の「金剛家能面・能装束展観」が、先週末の土日に行われた。
1日に2回、宗家と若宗家による解説がある。装束・小物について若宗家が解説されたのだが、まだ人前でお話なさることに慣れておらず、初々しい。
装束も能面も、どれもがすばらしく、いつまででも見ていたい。写真や本で見るのとは迫力が違うし、ことに能面は、見る角度によって表情が違う。本物を見ることの大切さを痛感させられた。

先日、偶然に知りお墓参りを果たした江戸時代前期の面打師・天下一河内こと井関家重の面も、数点、展示されていた。そのすばらしい面を見ると、全身がすいこまれそう。生きているのでは?とさえ感じる。天才とよばれたゆえんか。

|

« 7月中盤の観能メモ | トップページ | 明日は囃子堂ですよ♪ »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/45760341

この記事へのトラックバック一覧です: 金剛家能面・能装束展観@金剛能楽堂:

« 7月中盤の観能メモ | トップページ | 明日は囃子堂ですよ♪ »