« 役者の読む世阿弥「金島書」最終回 | トップページ | 第34回能にしたしむ会@京都観世会館 »

ボッカ・デル・ヴィーノ

ダンナさんの研究者仲間、中世史と古代史のNさんKさんカップル、考古学のYさんと、われら夫婦の5人で、久々の「ボッカ・デル・ヴィーノ」さん。
阪急烏丸駅のそばにある美味しくて有名なイタリアン。
「ボッカ・デル・ヴィーノ」さんは、もと長岡京市で店を開いておられたのが、数年前から室町通四条上ルに移られた。NさんKさんカップルの、長岡京時代からの御用達のお店。
このブログでも以前に紹介させていただいたように思う。
飲んで食べて、しゃべって笑って、午後7時から店を出たのは11時前!

飲んだお酒は、食前酒にシャンパン、食中酒にイタリアワインを4本、食後酒は甘口ワインがグラスで3種類と自家製リモンチェッロ。ワインの名前は、一生懸命メモしたのだけれど、解読不可能。赤ワインの熟成度の見分けた方なども教えてもらった。

0609095

さてお料理はと、まずは前菜。天然ウナギの一皿と、3種類のアスパラと生ハムの一皿。アコウのカルパッチョの写真が無い!

0609091

次はパスタとリゾット。地鶏とニンニクの芽のパスタ、フォアグラとじゃがいもを詰めたパスタのトルテリーニ。リゾットは、鱧とあさり、ネギ・トマトの一皿。

0609092

メインは、仔羊の2番勝負!どちらにも軍配があがる。

0609093

メインのあとも、ワインが少し残っていたので、当然チーズ。そしてデザート♪ピンぼけで写真はナシ。

下の写真の左側は、自家製リモンチェッロをついているヒゲの彼ことイケモトさん。料理に合うワインの良きアドバイザー。右のカプチーノの絵も彼の作。リモンチェッロというのは、レモンのリキュール。爽やかな味で、すっごいアルコール度数が高いのだけれども、ぐいっと飲みたくなる風味。

0609094

気になる予算は、一人分18000円ちょっと。今日の場合、ほとんどがワイン代だと思う。
とにかく美味しいワインと、美味しいイタリアンが食べたくなったら、満足すること間違いないかと。

「イタリアワインに合う料理、料理に合うイタリアワインをお客様に楽しんでもらう」ことが、シェフの望みだそうです。男前なシェフと、お店の中の雰囲気。奥には個室もある。

0609096

ボッカ・デル・ヴィーノ (BOCCA del VINO)

京都府京都市中京区室町通四条上ル

営業時間:11:30~14:00(L.O) 17:30~22:00(L.O)

不定休

以前の記事は、こちら
同じメンバーで、なんとなく同じ内容。料理とワインが違うだけか!
前回もボトルを4本空けてるし(笑)

|

« 役者の読む世阿弥「金島書」最終回 | トップページ | 第34回能にしたしむ会@京都観世会館 »

美味しいもの」カテゴリの記事

コメント

こちらのメインやパスタは、人数分にシェアしてサーブしてくれるんどえ、大人数で行くと安くつきます♪
それに、美味しい料理とお酒には、楽しい会話が必須。この時のメンバーは最強です(笑)
京都でおこしの際は、ぜひとも!

投稿: ヨウダ | 2009.06.12 09:47

リッチなワインディナーですね!
しかし、この値段のほとんどがワイン代ということは、料理は結構お値打ちなのかな?
とてもおいしそうですよね!

投稿: 梶庄 | 2009.06.11 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/45293208

この記事へのトラックバック一覧です: ボッカ・デル・ヴィーノ:

« 役者の読む世阿弥「金島書」最終回 | トップページ | 第34回能にしたしむ会@京都観世会館 »