« 第60回京都薪能2日目 | トップページ | 第60回京都薪能パンフレット »

平家琵琶鑑賞会@永運院

0906042

前田流平家詞曲相伝者・鈴木まどかさんによる平家琵琶の奉納演奏が、くろ谷金戒光明寺の塔頭・永運院さんで行なわれた。しみじみとした良い会となった。

0906041

くろ谷金戒光明寺は、熊谷次郎直実が出家したお寺。その塔頭で平家琵琶を聴くという幸運に感謝。
今日の演目は、「祇園精舎」「鵺」「敦盛最期」。
「祇園精舎」「鵺」の演奏の時は、うぐいすがさえずり、琵琶の音に唱和していた。
さすがに「敦盛最期」の時は、うぐいすさえも遠慮して、静かになる。おそらく、直実が聴きに来ていたに違いない。このとき、庫裏を吹き抜けてた風さえも止んだ。写真は、直実と敦盛の供養塔。

0906043

永運院さんは、江戸時代前期の天才面打師・天下一河内こと井関家重の菩提寺でもあると聞く。
法政大学の宮本圭造氏が、くろ谷墓地でその墓を確認し、永運院が菩提寺であることを立証された。
帰りに井関家重の墓に参る。写真は、家重夫婦の墓。左が家重の墓。

|

« 第60回京都薪能2日目 | トップページ | 第60回京都薪能パンフレット »

鑑賞メモ」カテゴリの記事

コメント

残念ながら通常は拝観できません。
予約が必要です。

東京のお稽古、今は月一で8000円ですが、人数が増えたら、月二にすることができるもようです♪

投稿: ヨウダ | 2009.06.05 22:43

西本願寺の書院の板戸に敦盛と直実の絵ですか!!
初めて知りました。
こちらは、通常拝見できるんでしたっけ?

お稽古のご案内ありがとうございます!
予定立ててみますね♪

投稿: ししまる | 2009.06.05 22:34

ししまるさん
平曲は、謡曲に多大な影響を与えているから、ぜひししまるさんにも聴いていただきたかったです♪
今日の会は、不思議な縁を感じる会でした。
先月の西本願寺の書院で、偶然敦盛と直実の板戸の絵を見つけ、そのすぐあとに能「敦盛」を観、その興奮もさめやらぬうちに、今回の会の話ができあがり、しかも黒谷さんでとのこと。
敦盛によばれているのかもしれません。

そうそう、来月の東京のお稽古日、決まりました。
28日(日)午後6時30分からであう。よろしかったら、ぜひぜひ♪
次回は私、参れませんが(汗)

投稿: ヨウダ | 2009.06.05 00:43

今日が「敦盛」の謡のお稽古の最終日でした。
最後のキリも難しくて、なかなか思ったとおり謡えませんでした。
くろ谷金戒光明寺をはじめ、京都には直実所縁のお寺が多くありまね。
うぐいすも直実と一緒に聞き入ってしまったのですね♪

投稿: ししまる | 2009.06.04 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/45235853

この記事へのトラックバック一覧です: 平家琵琶鑑賞会@永運院:

« 第60回京都薪能2日目 | トップページ | 第60回京都薪能パンフレット »