« DVD片山清司(能楽シテ方) | トップページ | ボッカ・デル・ヴィーノ »

役者の読む世阿弥「金島書」最終回

「世阿弥伝書」特別講義〈役者の読む世阿弥〉第9期 『金島書』 が、最終回をむかえる。
5回の講義は、毎回とてもおもしろかったのだけれど、わたしには 『金島書』 が理解できなかった。
読み終えて、流されて佐渡へ来たという共感が、まったく得られなかった。もし私が世阿弥だったら、京からはるばる遠い佐渡への旅、暮らし、もっと悲観的なことを書き連ねているに違いない。

世阿弥はいったい何のために、誰のために書いたのだろう?
佐渡で書いたの?
ホントに世阿弥が書いたの?
最後の無題の「(薪の神事)」の一文と、和歌の意味って何なんだろう?

今夜は、天野文雄氏の新刊『能苑逍遥(上) 世阿弥を歩く』(大阪大学出版会、2009年3月刊、四六判 310ページ 本体価格2100円)を読みながら寝よう。「金島書」についての論考が載っている。

いつか佐渡へ行ってみたい。

来月からは、『五音』を読む。引き続き参加したいな。

|

« DVD片山清司(能楽シテ方) | トップページ | ボッカ・デル・ヴィーノ »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/45282027

この記事へのトラックバック一覧です: 役者の読む世阿弥「金島書」最終回:

« DVD片山清司(能楽シテ方) | トップページ | ボッカ・デル・ヴィーノ »