« 第12回片山清司後援会能 | トップページ | 第60回京都薪能2日目 »

第60回京都薪能1日目

京都薪能へ行って来た
今年は、京都薪能60回目という記念の年でもあるそうで、両日とも「翁」から始まり、めでたい曲、幽玄な曲、最後に薪能にふさわしいい華々しい曲で終わる。

初日の「翁」は観世流。
シテは井上裕久師。平安神宮の拝殿の大極殿をバックに、天を仰ぐ姿は、それは、それは美しく神々しい。

観世流半能「絵馬」。
シテは河村和重師。笛は左鴻師匠heart02
絵馬は初めて観る。淳仁天皇と伊勢神宮って、どうつながるんだろうと、能に関係ないことが、気になってしかたない。淳仁天皇は、配流先の淡路で失意のうちに亡くなられているのになあ。

観世流能「杜若」。
シテは橋本雅夫師。
「絵馬」の後、火入式があり、炎に中に杜若の精が浮かび上がる。神秘的で、幽玄ってこういうこと?と思うと、書き留めたい!と、自然にスケッチしていた。業平菱の唐衣に、冠には梅のかざし。

大蔵流狂言「福の神」。
茂山千作師、茂山千之丞師、茂山忠三郎師。
直面の千作師の福の神。そのままやわ〜と思う。

金剛流「正尊」。
観たかった曲のひとつ♪
金剛流と観世流ではシテとワキが違うそうだ。
見せ場は斬り組。バタンと倒れるさまが、痛快、痛快♪

さて今年は、笛のお稽古仲間のお友達とご一緒させていただいた。
彼女は、京都薪能を観るプロ(?)。京都薪能を10倍面白く観る方法を教わり実践。
私は、ギリギリに飛び込み、後の席で観るのが慣例になっていたが、彼女は、正面の1番前の席で観るために、昼過ぎから並ぶという。
初日ということで、12時半から並ぶ。それでも3組目。しゃべりながら、本を読みながら、お菓子を食べながら、ひたすら開場を待つ。
開場と同時に、走らないでというアナウンスを横目にダッシュして、正面の1番前の桟敷に席を確保。
確保後は、紋付ではなくて洋服を着た能楽師さんウォッチングがはじまる。京都薪能では能楽師さんたちが自ら、チケットを売り、券をもぎり、パンフレットを売リ歩く。
能楽堂などでは、親しくお話できない能楽師さんたちと、お話できる絶好のチャンス。
パンフレットに、サインをいただき、一言二言お話する。もうドキドキheart02

薪能の興奮覚めやらず、落ち着く先は、「十五夜」さん。
女二人、美味しいお酒と肴で、遅くまで語り合った。
隣に座っていたおじさんが、シャンパンと日本酒をごちそうしてくれたので、とても安くついた。ありがたや、ありがたや。福の神のご利益かな。

|

« 第12回片山清司後援会能 | トップページ | 第60回京都薪能2日目 »

鑑賞メモ」カテゴリの記事

コメント

ZUZUさん
コメントありがとうございます♪
なんという偶然でしょう。その節は、ありがとうございました。
美しいお着物姿にも関わらず、お弁当も飲み物も、敷物も完璧なスタイルで、並んでいらっしゃったので、あこがれておりました。
また来年も、最前列でお会いいたしましょう♪

投稿: ヨウダ | 2009.06.10 17:37

1日目、2組目に並んでいた者です(^^)
第60回記念京都薪能で検索していて、おじゃましました。

それが、これまでも訪問していたサイトやブログ(ご主人様のサイトも含め)でしたので、驚きました。また、拝見します。

投稿: zuzu | 2009.06.10 14:36

のの姉さん
なるほど〜!
榎村先生の斎宮の本で確認してみます♪

投稿: ヨウダ | 2009.06.04 22:43

>「絵馬」
淳仁帝の娘は伊勢神宮に斎王として下向していますね。
その辺りが関係するのではないかなーと思ってますが。

投稿: のの | 2009.06.04 15:11

梶庄さん
はい〜♪楽しいです♪
でも茂山家の若い方々は、サインを書き慣れていらっしゃるけれど、シテ方さんや囃子方さんは、サインをする習慣がないので、リラクションが全然違います。

投稿: ヨウダ | 2009.06.04 01:25

なるほど、京都薪能ならではの習慣があるので能楽師のサインがいただけるのですね!
いいなあ~。

投稿: 梶庄 | 2009.06.04 00:33

エトワールさん
本当に2日間、ありがとうございました♪
おかげで楽しい思い出ができました。
今年のパンフレットは、家宝にいたしますdollar

投稿: ヨウダ | 2009.06.04 00:20

 千作福の神様のおかげか、いやいやヨウダさんの魅力のおかげでお相伴に与りました。
ありがたや~♪♪♪

投稿: エトワール | 2009.06.03 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/45226465

この記事へのトラックバック一覧です: 第60回京都薪能1日目:

« 第12回片山清司後援会能 | トップページ | 第60回京都薪能2日目 »