« 京都都市史の研究 | トップページ | 第60回京都薪能1日目 »

第12回片山清司後援会能

5月30日の土曜日、第12回片山清司後援会能へ行って来た。
席はあらかじめ指定なので、ゆっくりと行ってもいいのだけれど、心ワクワクで、早く着きすぎ。

仕舞「猩々」
舞うのは、片山清司さんの息子さん清愛くん。5歳。あどけないおちびさんが、目を大きく見開いて、舞台狭しと舞う。お見事♪
休憩時間、ロビーの机にもぐって遊んでいたので、思わず机にもぐってお話ししましたよ(笑)

能「百萬」
シテ:片山九郎右衛門 子方:分林道隆 ワキ:福王和幸 間:野村萬斎 笛:藤田六郎兵衛 小鼓:曽和尚靖 大鼓:亀井広忠 太鼓:前川光長 地謡:片山清司 梅田邦久 武田邦弘 橋本礒道 古橋正邦 片山伸吾 橋本忠樹 梅田嘉宏

百萬は、お話の筋がわかりやすいし、見所も多いので、好きな曲。
片山九郎右衛門師の百萬の芸づくし、しなやかな動きで、本当にそこに女芸能者の百萬が登場してその曲舞を見ている気分になった。
子方の道隆くん、春の初桜能でも、お父さん相手に、「百萬」の子方を演じている。今日はその時に比べて、ちょっと緊張している面持ち。おばさんは、応援しているからねheart

狂言「附手」
シテ:野村萬斎 アド:野村万之助 石田幸雄

野村萬斎師の狂言を見るのは久しぶり。萬斎さんを見ると、どうしても右京太夫のイメージが抜けません。

一調一管「江口」
シテ:観世善正 小鼓:曽和博朗 笛:藤田六郎兵衛

観世善正師の謡に聞き惚れる。一調一管も堪能。幸せheart02

仕舞「求塚」
シテ:片山慶次郎 地謡:梅田邦久 武田邦弘 浦田保親 武田大志

能「卒塔婆小町」一度之次第
シテ:片山清司 ワキ:宝生欣哉 ワキツレ:則久英志 笛:杉市和 小鼓:吉坂一郎 大鼓:河村大 後見:小林慶三 武田邦弘 地謡:片山九郎右衛門 青木道善 観世善正 浦田保親 河村博重 味方玄 分林道治 大江信行

一度之次第の小書がついて、登場までが長い長い。僧との問答がおもしろい。
ぼ〜っとしていて、いつ少将の霊がついたのかよくわからなかった。とほほ。
床几の文様も、ステキだった。ススキのような葉の長い植物に、蝶が舞っていた。
杉市和師の笛の音、いつも以上に私の五感に響いてきてドキドキheart01

休憩時間に、コーヒーなどの飲み物と、お菓子が用意されている。
このお菓子、あまりに美味で、三個も食べてしまう。すみません。

|

« 京都都市史の研究 | トップページ | 第60回京都薪能1日目 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

梶庄さん
わたしもそうです!
映画の陰陽師でさらに、さらに有名に♪
いまだに映画のエンディングの舞姿が忘れられません。

投稿: ヨウダ | 2009.06.03 00:18

我が家元のほかに、名古屋で活躍しているシテ方が地謡で出演していますね。

野村萬斎氏を初めて知ったのは、実は右京太夫役をやられたときです。
その当時はまだ能や狂言にあまり興味がなかったのですが、
朗々とした張りのある声に、どんな方だろうかとかなり注目した覚えがあります。

投稿: 梶庄 | 2009.06.02 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/45198003

この記事へのトラックバック一覧です: 第12回片山清司後援会能:

« 京都都市史の研究 | トップページ | 第60回京都薪能1日目 »