« 森田流笛方森田保美先生 | トップページ | 平成21年度第2回大江定期能 »

妙心寺展@京博

仕事の帰り、京都国立博物館で開催中の「妙心寺」展に行って来た。
今週末で終わりなので、駆け込み鑑賞。

最近、京都国立博物館の特別展のキャッチコピーが、とてもユニーク。
今回の「妙心寺」展も、「看よ看よ これぞ禅の真骨頂」となっていた。禅の真骨頂とやらをぜひとも見に行かなあかんなあという気にさせてくれる。
禅というと、わかりにくくて、とっつきにくいというイメージ。さて、わかったかというと、2時間でわかるはずもない。

頂相図や古文書類は、悲しいかなどれも一緒に見えてしまう。
妙心寺と深いつながりのある花園天皇の、肖像や、宸翰などは、興味深かった。
豊臣秀吉の幼くして死んだ棄丸のおもちゃの船や、小さな甲冑なども、展示されていた。3歳の棄丸が、おもちゃの船に乗って遊んでいた姿を、秀吉はどんな目で見つめていたのだろう。
南蛮寺の鐘や、日本最古の梵鐘も見ることができた。
巨大な達磨像、戯画などなど、白隠の代表的な作品もまとめて見ることができてうれし♪すたすた坊主像なんて、最高。
障屏画の数々も、どれも見応えあり★山楽の松図、山雪の老梅図に心ひかれる。

京都国立博物館

特別展覧会 開山無相大師650年遠諱記念「妙心寺」

2009年3月24日〜5月10日

|

« 森田流笛方森田保美先生 | トップページ | 平成21年度第2回大江定期能 »

「お気楽な毎日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/44947262

この記事へのトラックバック一覧です: 妙心寺展@京博:

« 森田流笛方森田保美先生 | トップページ | 平成21年度第2回大江定期能 »