« 能楽風土記 | トップページ | 京都観世会4月例会@京都観世会館 »

片山定期能4月公演@京都観世会館

片山定期能4月公演へ行く。

「富士太鼓」
好きな能楽師さんのおひとりである分林道治師がシテで、子方は息子さんの道隆君heart02
道隆君、長い、長いセリフをしっかりと覚えて、頼もしいぞ!将来が楽しみ。応援しているからね♪
「富士太鼓」は、夫を殺された妻が、夫の形見の装束を身に着けて、狂乱して太鼓を敵だと打ち鳴らし舞い、また故郷へ帰って行くお話。
杉信太朗師の勢いよく高くひびく笛の音は、夫の霊が乗り移った妻が舞う姿に、とても合っていたように思えた。

花にいとふ風」に、「富士太鼓」の舞台をあげていますので、ご覧下さい。
花にいとふ風>謡曲史跡案内>二条富小路内裏跡

「小塩」
片山九郎右衛門師がシテ。
装束が美しいし、それを身にまとう九郎右衛門師の舞姿も美しい。しなやかでいながら、一瞬、一瞬にぴしっと緊張感があって…う〜ん。ボキャブラリーがとぼしいぞ>自分
冠の桜の挿頭花もステキだった。
観世会館のロビーには、後シテで身につける装束と扇のレプリカが飾られていた。
久々に聴く藤田六郎兵衛師の笛にメロメロ。小鼓・曽和博朗師、大鼓・河村総一郎師、太鼓・前川光長師の音色には、安心して身をゆだねられる。あ〜、能の囃子、好きだ〜heart02

写真は、先日行って来た「小塩」の舞台、大原野神社の参道。

090425

片山定期能4月公演 平成21年4月25日(土)

能「富士太鼓」

シテ:分林道治 子方:分林道隆 ワキ:平木豊男 アイ:茂山茂

笛:杉信太朗 小鼓:吉阪一郎 大鼓:石井保彦

狂言「盆山」

シテ:茂山千五郎 アド:茂山正邦

能「小塩」

シテ:片山九郎右衛門 ワキ:殿田謙吉 ワキツレ:御厨誠吾 平木豊男 アイ:茂山七三五

笛:藤田六郎兵衛 小鼓:曽和博朗 大鼓:河村総一郎 太鼓:前川光長

|

« 能楽風土記 | トップページ | 京都観世会4月例会@京都観世会館 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

訂正
6月でした。
能に親しむ会と、名古屋能楽堂の6gつ特別公演。

投稿: ヨウダ | 2009.04.27 00:29

ししまるさんのお師匠さまのブログ、読ませていただきました♪
本日は、盛況だったに違いありません。
道成寺といえば、来月、名古屋と京都で2回、観る機会があります。
好きな演目なので楽しみです。

投稿: ヨウダ | 2009.04.27 00:28

「小塩」とは、珍しい演能ですね。九朗右衛門さんの舞台、拝見したいですね、、、。
本日は師匠の披きの「道成寺」が国立能楽堂でありました。
乱拍子の緊張感が大好きですが、いつも以上に緊張してしまいました(笑

投稿: ししまる | 2009.04.26 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/44794436

この記事へのトラックバック一覧です: 片山定期能4月公演@京都観世会館:

« 能楽風土記 | トップページ | 京都観世会4月例会@京都観世会館 »