« 第8回初桜能@八坂神社能舞台 | トップページ | 役者の読む世阿弥 『金島書』 »

第12回廣田鑑賞能@金剛能楽堂

第12回廣田鑑賞能に行く。

第12回廣田鑑賞能

平成21年4月5日(日)金剛能楽堂

能「隅田川」後之彩色

シテ:廣田幸稔 子方:西村墾 ワキ:福王和幸

笛:左鴻泰弘 小鼓:林光寿 大鼓:河村 大

前日に、「百万」を観て、続けて親子の離別をテーマにした「隅田川」を観ることができたことは良かったと思う。
同じテーマといっても、「百万」は親子が再会するハッピーエンドで終わるが、「隅田川」は子どもの死と向き合う母という悲劇。

わが子がすでに死んでいることを知る場面、亡き子の塚を掘り返す場面、亡き子を弔うために鉦を叩き念仏をする場面、そして亡き子の幻を見て抱き寄せようとする場面、最後に茫然として泣く場面。
どれをとっても、涙が出そうになった。終わってからも、重たい空気が流れる。

|

« 第8回初桜能@八坂神社能舞台 | トップページ | 役者の読む世阿弥 『金島書』 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/44590150

この記事へのトラックバック一覧です: 第12回廣田鑑賞能@金剛能楽堂:

« 第8回初桜能@八坂神社能舞台 | トップページ | 役者の読む世阿弥 『金島書』 »