« 能装束・能面展 | トップページ | 囃子堂 »

七曜会祖先祭

太鼓の前川光長師の社中の会「七曜会祖先祭」へ行く。
京都観世会館で、9時すぎから6時すぎまで、能囃子にどっぷりとつかった。おにぎりを食べに10分ほど廊下に出た以外は、ずっと聴いていた。
ダイジェスト(?)にいろんな曲を聞けて、大満足。
わたしの師匠の笛と、師匠の師匠の笛も、たくさん聴くことができた。囃子方の音にはもちろんだが、今日は、シテの舞姿の一挙手一投足にも、自分自身の五感が反応しているのを感じた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
明日、平成19年8月5日は、京都コンサートホールで「囃子堂」という舞台があります。
能囃子を音楽として聴くというコンサート。
ぜひぜひ、みなさま、お運びください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここからグチ
むかつくのは、演奏中に携帯を鳴らす人が、いまだにいること。
それだけもあきれるんだけど、正面席の二列目で、演奏中、携帯でゲームをやっていたのには驚いた。子どもだと思っていたら、いい歳した女性だったのにさらに驚く。いったいなんのためにいるんですか?
おしゃべりする人にも腹が立つ。しゃべりたいなら廊下に出てください。
扇子を使う人もいただけない。扇子をあおぐ音は、本人は気がつかないが、意外と響く。

|

« 能装束・能面展 | トップページ | 囃子堂 »

観能メモ」カテゴリの記事

コメント

ランニングホーマーさん くたくたさん ししまるさん コメントありがとうございます♪

ランニングホーマーさん、そうなんですよ。
後ろの席からも丸見えだし、おそらく舞台からも見えていると思うのに。。
能楽に限らず、演奏会というのは、演者と聴衆が一体となってこそ感動も倍増するのだと私も思います。

くたくたさん 去年行かれたのですね。
今日の小ホールは立ち見の方もでるほど満席でした。着物で行きたかったんですが、熱さに負けました。

ししまるさん え〜〜!おにぎり!信じられない。
「経正」いいですねえ。
わたしも欲がでてきて、謡か仕舞を習いたいなあと思っています。

投稿: ヨウダ | 2007.08.05 20:21

私は本日師匠が「松虫」のシテをやられたので、矢来能楽堂へ行ってきました!
マナーの悪さ、確かに年齢は関係ないですよね。今日は客席でおにぎり食べてるおば様にびっくり!?
来週は謡のお稽古です。今「経正」をやっています。

投稿: ししまる | 2007.08.05 19:34

昨年 囃子堂さん行きました~。小ホールなのでちょうどいい広さでよかったです。お腹にたいへんよく響きましたよ。行ってらっしゃいませ。

投稿: くたくた | 2007.08.05 14:27

9:00~18:00まで 長時間ご苦労様でした。

演奏中に携帯でゲームに熱中とはね。
論外ですが、視野に入るだけでもうっとしいですね。

楽器を鳴らす閉じられた空間(会館、ホール、体育館など)そのものが大きな楽器の中で、そこに演奏者、聴視者がいるわけです。

だから響きが非常に重要で、当然それなりのマナーは必要ですね。

投稿: ランニングホーマー | 2007.08.05 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/16005862

この記事へのトラックバック一覧です: 七曜会祖先祭:

« 能装束・能面展 | トップページ | 囃子堂 »