« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

赤ちゃんメダカ軍団

朝、メダカちゃんに餌をやる時、水槽にすっごく小さなメダカが泳いでいた。あれ?昨日はいなかったのに。。。と、怪訝に思って、ふとホテイアオイの大株をいれておいたバケツをのぞいた。
バケツの中にも、小さなメダカが動いている!
ホテイアオイの大株の根っこに、メダカの卵がいっぱいあって、それが孵ったようだ。あわてて大きなタライに水をはりカルキ抜きをする。
そっとバケツのホテイアオイごとタライに移すと、10匹ほどのメダカの赤ちゃんが元気よく泳ぎだした。週末には、赤ちゃん用の水槽も買いに行かねば。

070831

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風邪でダウン

風邪でダウン。仕事を休む。とほほ。
1日、寝ていると、喉の痛みも少しましになってきた。

風邪の特効薬。
卵酒と、

070830

犬くんたち♪

0708302

卵酒、純米大吟醸で作ったらダンナさんからもったいないとクレーム。

おいしい卵酒の作り方♪(二杯分)
お酒1カップ 水2分の1カップ お砂糖好みで大さじ1〜3 卵1個
お鍋にお酒、水、お砂糖を加え、中火にかける。
沸騰してきたら溶き卵を入れてすばやく混ぜ、火を止め蓋をして1分間待つ。蒸らすのがポイント。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

メダカちゃん、ようこそ♪

わが家のニューフェイス。
メダカちゃん♪ 知人からいただいたメダカちゃん。

0708292

上の写真、左上にかたまって泳いでる。

0708291

玄関に水槽を設置。立派なホテイアオイがメダカちゃんのお家。
上にいったり下にいったり、メダカちゃん元気、元気。見ていてあきない。今度、図書館へ行ったら、メダカの飼い方の本を借りてこなければ。

月曜日は、ダンナさん、ダンナさんの教え子K姉さんと、近所の串カツ屋さんで飲む。わたしは日中、外回りをしていたので、あっと言う間に酔っぱらい、途中脱落。しょぼん。
でも久々にK姉さんの近況を聞き、楽しかった。

0708293

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お笛のお稽古♪大阪初日

今日(って、もう日が変わってますけど)は、お笛のお稽古日。
初めて大阪のお稽古場に行かせていただく。

ドキドキ、ワクワクしながら、お稽古場へと向かう。
扉を開けると、そこは能舞台。うわぁ〜という気を感じたので、緊張せずに音が出て、よしよし。でも、同じ箇所でタイミングをつかめず、クリアできない。まだまだ先は長い。次回こそ!
先輩方もお上手な方ばかりで、そばで聴かせていただいて、とても、とても勉強になった。

今日の夕食♪
お稽古の後のお楽しみは、鶴橋駅のすぐそばのお店で、お疲れさまのビールで乾杯。
メインは豚しゃぶ。スープは、コンソメとカツオだし。具材あ、大根の薄切り、レタス。そこに豚をしゃぶしゃぶして食べる。締はそうめん。器に切ったトマトを入れておき、トマトの酸味とスープがおいしさを増す。家でも挑戦してみたい。

070826

チャプチェ(春雨のあえもの)もおいしかった。

080726

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パパが帰って来た!

0708252

パパが帰って来た!
喜び狂う犬くんたち。

今日の夕食♪
ダンナさんが中国旅行から帰って来た。
日本食が恋しいだろうと、先斗町のかっぱ寿司へ行く。
おいしくよばれたのだけど、隣の席に、整髪料の匂いをプンプンさせた上に、タバコをプカプカ吸うおじさんが座ったので、早々に退散。
ダンナさんが、もう少し日本酒を飲みたいというので、前から行ってみたいと思っていた地酒BAR膳さんへ行く。
飲んだお酒、不老泉を2種類、不動、奥播磨。肴は、鮭の軟骨の甘酢漬け、にしんの松前漬。
ダンナさんがえらく気に入って、帰るときに珍しく名刺をもらっていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

けらもすに集合

独身最後の夜は、日本酒Barけらもすさんへ♪
前に書いた記事に写真が無かったので、今回はデジカメ持参。もちろん商売道具のトランプも。

070824

今回いただいたお料理。器もいい感じ。
つきだし。のどぐろの煮付け。
地鶏のぱりぱり焼き。クリームチーズの味噌漬け←すっごくおいしかった!

070825

そして飲んだお酒に、
女料理人のナナちゃんと、マスター。

けらもすさんへ行くには、四条からと三条からとどっちがいいかなあと、思っていた。距離的には同じくらいだし。。でも、四条の方から白川沿いに行く方が、情緒があって良いとのこと。
もっと書きたいけれど、睡魔が。。。。

日本酒Barけらもす
京都市東山区新門前通大和大路東入

| | コメント (8) | トラックバック (0)

お笛のお稽古

2週間ぶりのお笛のお稽古日♪
先生の前ではボロボロです(泣)
今日は朝から1度も吹いていないのも不安だったのだが、ちっとも吹けない。情けないやら、悔しいやら。
ダラダラと練習しないで、きっちりと練習しなければと反省。日曜日の大阪のお稽古では、次のステップに進めるように、がんばるぞ!

070823

あんまり似ていたので衝動買い。

今日の夕食♪
鴨川の北大路橋の西詰めにある鶴岡食堂さんのおからコロッケ弁当。いつもの洋食屋さんへ行くとお休みだったので、道路を挟んで向かいの鶴岡食堂さんで、名物おからコロッケ弁当を買って帰る。初めて食べたが、ボリューム満点でおいしかった。また食べたくなる味かも。

0708231


注文をきいてから揚げ始めるので時間がかかるが、表の椅子の座ってずっと笛を吹いて待っていた。鶴岡食堂のお姉さんが、いい音色が聞こえてましたよと声をかけてくれた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

COEDOビール♪

070822

今日の夕食♪
久々に作りました。メインは、ゴーヤチャンプル。でも本物を食べたことがないので、成功したのかどうかわからない。ゴーヤって、苦い!他は、牛肉のタタキ(買って来た)に、トマトのサラダ(切っただけ)。青菜のお味噌汁にご飯。

もうひとつのメインは、COEDOビール
日本酒Barけらもすさんで、飲んでからファンとなり、今ではすかっりわが家の定番。京都で買えるのは、上京区の山岡酒店さん。缶ビールなら伊勢丹の酒売り場で売っている。
今日のお供は紅赤。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜館福住

今日もがんばって働いた。こんなワタシでも、使ってもらえるって、本当にありがたいことだ。明日もがんばろ〜っと。
で、今夜も食べに行く。

今日の夕食♪
中立売通に面している「菜館福住」さん。こちらも上京区に暮らし始めてから毎月1度は食べに行っているおいしい中華料理店。でもこれまで一人で行ったことがなかたので、オーナーに、どうしたの〜?と開口1番に聞かれた。
おすすめは海鮮やきそばと、五目チャーハン。この2品は、必ず注文している。
今日は、一人だったので、平日ディナーコースを注文。前菜3品、蒸し物3品、選べるメインが一皿と、中華粥。1900円。
店内は、上海風のイメージ。もちろんBGMはジャズ。

070821

先月、ダンナさんが、イギリスに、行っていた。帰国した日の夕食は、日本食が恋しいだろうと、お寿司を食べに行こうと計画していた。でも彼のリクエストは、福住さんの海鮮やきそばだった。

菜館福住
京都市上京区中立売大宮西入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチンゴン

休み明けの月曜日、超忙しかった。
てんこ盛りの仕事を、優先順位をつけ、どうすれば効率よく、どうすれば確実にできるかなどと考えなら進めると、忙しいながらも楽しい知的作業となる。

しかし、ワタシの場合、問題はそれからだ。ヘロヘロな頭では、夕食をつくろう!という気がおこらない。ましてやダンナさんが不在となると、ついつい外食へと走ってしまう。

今日の夕食♪
キッチンゴンのAランチ。

070820

ここはよく雑誌やテレビで紹介されている洋食屋さん。店の歴史も古い。近くにライブハウスの拾得があるので、30余年前にも通っていた記憶がある。
今ではご近所なので、月に1度か2度は、食べに行ったり出前してもらっている。
有名なのは、「ピネライス」。焼き飯にかつカレーがのったメニュー。
ハーフサイズもあるが、それでも私にはボリュームがありすぎて、いつも頼むのはAランチ。終日、ランチがある。ハンバーグに海老フライかクリームコロッケがついて950円。小さなカップのスープもつく。
二代目さんはすっごく男前♪従業員のお兄さんもみな男前。週に1回、若い人たちがお休みの日があるみたいで、その日は先代をはじめ年寄り軍団が、がんばってはる。
ひとつだけ難点は、換気が悪いことかな。

キッチンゴン
京都市上京区下立売通大宮西入ル

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地蔵盆

今日は町内の地蔵盆。朝早くから、お地蔵さんの棚作りに参加。夜は足洗いで酔っぱらう。

今日の夕食♪
ダンナさんが昨日から中国行き。ひとりごはんは寂しいよお。

070817

大江戸のへれかつ弁当。大江戸さんのへれかつは、たまに無性に食べたくなる。

大江戸
京都市上京区笹屋町千本東入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

邯鄲の夢

京都観世会館へ、井上同門定期能楽会を見に行く。
「邯鄲」「夕顔」「善知鳥(うとう)」。

「邯鄲」は、「邯鄲の夢」「邯鄲の枕」で知られる中国の故事を題材にした演目。
一人の青年が、趙の都、邯鄲の宿で、試しに将来が見えるという枕を借りて眠りにつく。眠りにつくと、帝位につき、仙人の酒を飲み、50余年の栄耀栄華をきわめる夢を見たが、目が覚めてみると、粟飯が煮えないほどの短い間だった。

今年に入ってからのワタシは、邯鄲の枕で眠り続けているような気がする。眠りから覚めたとき、青年のように、悟りを得ることができるのだろうか。楽の音を聴きながら、ずっと考えていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

五山の送り火

大の字に火が点った。
早くも1年が過ぎたんやなあ。

0708162_2

家の近所の下長者通からの大文字。
犬くんたちも手を合わせる。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

スロヴェニア料理店 ピカポロンツァ

日本で唯一のスロヴェニア料理店 ピカポロンツァへ行ってきました♪
まずはスロヴェニアが、どこにあるかおさらい。
旧ユーゴスラビアから独立した国で、イタリア、クロアチア、ハンガリー、オーストリアがお隣さん。アドリア海に面している。
初体験のスロヴェニア料理は、野菜とハーブが主体の、やさしい味だった。飲み物は、もちろんスロヴェニアワイン♪ わたしは、シュブリッツアー(ワインのソーダ割)をいただく。食前酒のハチミツ酒も美味だったし、デザートと一緒によばれたハーブ酒もおいしかった。
スロヴェニアは、そばとワインが名産だそうで、そば粉のパンがおいしかった。

070814

写真は、3150円のおまかせコース。

スロヴェニア料理 ピカポロンツァ
京都市右京区太秦森ヶ東町

0708132

今日も、留守番でっしゃろか?
そうでんな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一幸 肉処

1日中、倉庫の棚卸して汗だく。家に帰っても、ヘロヘロ感が抜けず、明日のために元気をつけようと焼き肉を食べに行く。

070813

堀川丸太町の肉処 一幸さん。
この歳になったら、量よりも質。おいしいお肉をちょっとだけ食べたい。
ユッケおいしかった〜。幸せ♪

0808132

ボクたちはいつだってお留守番。すねすね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボッカデルヴィーノ

昨夜は、おいしいワインとイタリア料理を食べに行く。
四条通を室町上がって東側にあるボッカデルヴィーノさん。
ダンナさんの親しい研究者仲間のみなさまと総勢5人。ワイワイと飲んで食べて大満足♪
どのお料理もとてもおいしくて、イタリアンが食べたくなったら、絶対おすすめのお店。
今回食べた中で、わたしが好きだったのは、前菜では生ハムといちじく。パスタでは、岩カキのリゾット。メインでは、牛のほほ肉の炭火焼き(だったかな?)、鴨の首肉のソウーセージも美味。
そうそう、N氏が飲んでいたグラッパも、特上の味わいと香りだった。

0708121

0708122

写真は、前菜3品、パスタ4品、メイン3品と、空けた4本のワイン。ドラエモンが描かれたカプチーノ。他には食後にチーズとドルチェをいただいた。パスタは人数分皿に取り分けて持ってきてもらえるのがうれしい。

前回、同じメンバーで来た時、わたしはワインがまわって途中で寝てしまたのだが、今回は、しっかり参戦できた。といっても、4本のワインを1杯づつゆっくりといただき、食前酒のシャンパンと、食後の甘いワイン1杯で、家に帰り着くと、そのままベッドにバタンキュー。

BOCCA del VINO
京都市中京区室町通四条上ル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下鴨納涼古本まつり

下鴨納涼古本まつりが今日から始まった。
昼からダンナさんと行ってきた。
年に何度から開催される古本まつりの中でも、わたしは下鴨納涼古本まつりが1番好き。暑いのは暑いが、糺の森の瀬見の小川の木陰でほっと一息入れられる。
今回買ったのは、能楽全集に、思想大系の世阿弥、能の面の本に、能の覚書などなど能楽関連の本ばかり。
最近は本を読む時間より笛を吹いている時間の方が長くなってきているのだが、笛のためにも能楽の本を読んで勉強したいな。広く浅く好奇心のみの性格がムクムク。

これからイタリアンを食べに出かけます♪


下鴨納涼古本まつり

2007年8月11日(土)〜16日(木)
午前10時〜午後6時 (最終日は午後4時まで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたしはこれで痩せました

5月からフィットネスクラブに通っている。
もちろん夏に向けてスリムなボディを目指してだ。

ジムに通い始めたころは、楽しくて毎日通った。おかげで見た目にも痩せ、近所の奥さんたちの話題にもなるほどだった。たしかに、みるみるウェストラインがでてきたし、パンツのサイズもワンサイズ下がった。
でも、ぽっこりお腹はななか手強。それに少しでもさぼると、元の木阿弥。ここ半月ほど、通えない日が続いて、また太りはじめた。

清水の舞台から飛び降りる覚悟で、今話題のブートキャンプを入手。おとといから、挑戦している。恐ろしいくらい汗をかき、筋肉がパンパン。最後までやり通せるかどうか不安だが、健康のためにがんばろう!
というより、5000円のキャッシュバックのために、やり通さなければならないのだ(笑)。

お笛の練習も、腹式呼吸を使うので、お腹や痩せには良いかもしれないな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チベットレストラン ランゼン

今日の夕食は、チベット料理♪
前から行ってみたかったお店、チベットレストラン ランゼン
店内には、チベット音楽が流れ、ダライ・ラマの肖像が掲げられている。アラカルトでいろいろなものを頼んだ。どれもシンプルな味で、日本人の口にあう。お酒はチベットのハーブ酒をいただいた。初めて飲んだバター茶にも感動。

070808

京都市内で世界一周を志す。週末は、イタリア料理で、来週は、スロヴェニア料理だ!楽しみ、楽しみ♪ 

チベット・レストラン ランゼン
京都市上京区土手町通丸太町下ル

| | コメント (4) | トラックバック (0)

惑星けらもすへ行きたい

お酒を全く飲めなかったワタシだが、日本酒大好きになり、ちょこっとだけ飲めるようになった。
日本酒が好きになったの〜♪と言うと、あちこちからおいしいお酒をいただくし、自分もダンナさんも競って買ってくるので、冷蔵庫のお酒の占有率は、どんどん増えている。当然、毎晩酔っぱらう。
日本酒大好きなお笛の先生に、『夏子の酒』を貸していただいてからというもの、おいしいお酒が飲みたい!病は、ますます高じるばかり。

昨夜は、祇園の日本酒Barけらもすさんへ行く。
お酒がおいしいのはもちろん、女料理人Nちゃんの作るおいしい料理が魅力。
あるときは、朝摘んできた山菜だったり、昨夜は、Nちゃんのお父さまが作っているオクラなどの新鮮野菜が登場。
BGMには、女性ボーカルのジャズが流れていて、いい気分にさせてくれる。祇園といっても、とても良心的な値段と、気さくなマスターがいて、女の子同士でも全然オッケーな雰囲気。ぜひぜひお運びくださいませ。
たま〜に怪しげな占い師見習いがいたら、声かけてください。知る人ぞ知るワタシの特技、トランプ占いでお相手いたします(笑)

「けらもす」さんは、もともと河原町今出川の東南角で、「ひさご」という名前で営業されていた。それが今年の4月、祇園の花見小路の新橋のたもとに名前も新しく「けらもす」としてスタート。
けらもすっていうのは、陶磁器という意味だそうだ。英語で言うセッラミック。

日本酒Barけらもす
京都市東山区新門前通大和大路東入

| | コメント (6) | トラックバック (0)

囃子堂

京都コンサートホールに、囃子堂を聴きに行く。
良かったです♪

小ホールでしたが、満席で立ち見もでるほど。
能楽堂で聴くよりも、小ホールは、音響効果のためか、常よりも囃子の音が大きく聞こえた。
自分が笛を習い始めるまでは、気がつかなかったのだが、小鼓も大鼓も太鼓も笛も、演奏する人、組み合わせで、イメージがまるっきり変わってくるから不思議。というよりか、当然か。

昨日、今日のおかげで、京都の囃子方さんたちの顔と名前がようやくわかるようになった。
師匠の笛の音大好きを再確認。
盆休みと9月には、東京へ遠征して、東京の方々の笛を聴いてみる予定。
多くの笛を生で聴いて、自分の音を早く見つけたい。

夕食は、大宮商店街の中華のサカイに、冷麺を食べに行く。ここの冷麺は、日本一らしい。本当においしく、わが家の夏の定番。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七曜会祖先祭

太鼓の前川光長師の社中の会「七曜会祖先祭」へ行く。
京都観世会館で、9時すぎから6時すぎまで、能囃子にどっぷりとつかった。おにぎりを食べに10分ほど廊下に出た以外は、ずっと聴いていた。
ダイジェスト(?)にいろんな曲を聞けて、大満足。
わたしの師匠の笛と、師匠の師匠の笛も、たくさん聴くことができた。囃子方の音にはもちろんだが、今日は、シテの舞姿の一挙手一投足にも、自分自身の五感が反応しているのを感じた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
明日、平成19年8月5日は、京都コンサートホールで「囃子堂」という舞台があります。
能囃子を音楽として聴くというコンサート。
ぜひぜひ、みなさま、お運びください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここからグチ
むかつくのは、演奏中に携帯を鳴らす人が、いまだにいること。
それだけもあきれるんだけど、正面席の二列目で、演奏中、携帯でゲームをやっていたのには驚いた。子どもだと思っていたら、いい歳した女性だったのにさらに驚く。いったいなんのためにいるんですか?
おしゃべりする人にも腹が立つ。しゃべりたいなら廊下に出てください。
扇子を使う人もいただけない。扇子をあおぐ音は、本人は気がつかないが、意外と響く。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

能装束・能面展

仕事を早々に切り上げて、片山家能楽・京舞保存団体「第11回 能装束.能面展〜能にみる奈良期と平安期の女性たち」へ行く。
テーマは、「能にみる奈良期と平安期の女性たち」ということで、華やかな装束が並び、うっとり。
能面は、女面が並んでいた。中でも心ひかれたのは、「増髪」。ストレスで、眉間にしわを寄せて、苦悩する表情。まるで今の自分じゃないか!
明日8月3日まで。京都文化博物館。

装束展を見た後は、うれし楽しい笛のお稽古日♪
なんだかんだと3か月目に入り、「中之舞」の「掛り」まで進む。
先輩方のお稽古を見ているのも大好き♪ ずっと聞いていたい。
いざ自分の番になると、うまく吹けずに情けない状態。
練習が足りないなあと痛感。
次のお稽古日までには、ちゃんと吹けるように努力、努力。

家に帰ると、ダンナさんが犬くんたちの散歩に出ているようだ。
彼の携帯に電話すると、家に戻る途中で近くにいるという。
家の前に出て、笛を吹きながら待っていると、クイールが私に気がついて飛んできた。
クイール、いつかママも上手になるからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

箱犬その2

0708012

夕食時、マックの箱にテーブルに置いていたマックブックを避難させた。
気がつくと、マックがボクのだと言うように主張している。

亀井宏忠さんの能楽囃子のCDをかけると、三番叟の揉之段の鼓のホッホッのかけ声に合わせて、クイールがワンワンと吠え始めた。笛の音が聞こえ始めると、じっと耳をすませている。
クイール、いいぞ、その調子だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »