« 圓徳院で雪月花 | トップページ | 平安女学院のクリスマスイルミネーション★ »

閑院宮邸跡

朝から実家の母がやってきた。
毎年恒例の年賀状づくりだ。
わたしが母の年賀状をパソコンで作っている間、母には掃除と針仕事をしてもらう。
近しい人に元気な姿を見せるのだと、自分撮りの写真をたくさん持ってきた。
中でも今年のお気に入りは、下鴨神社で物詣出姿に変身したモノ。
もらった人たちはぶっとぶだろうと思う。

午前中に作業を終え、昼から母と京都御所へ散歩に出かける。
最近、庭園を復元し公開されている閑院宮邸跡へと向かう。

061217

住みたい〜!と思う建物。
邸内には、パネルで京都御所の変遷、京都御苑の自然についての解説が、展示されている。公家町の発掘で出土した京焼などの遺物も並べられていた。

閑院宮邸跡を出て九条池へと案内する。
ふと見ると拾翠亭の2階に灯りがついている。
公開中かと思い向かうと、京都学園大学の茶道部のみなさんが茶会を開いていた。
遠慮なくどうぞというお招きに、あつかましくもあがらせたいただく。
2階が待合になっており、下が茶席。
思いがけず、拾翠亭でお茶をよばれるという、貴重な経験をさせていただく。
京都学園大学茶道部のみなさま、ありがとうございました。

|

« 圓徳院で雪月花 | トップページ | 平安女学院のクリスマスイルミネーション★ »

「京都&歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/13103590

この記事へのトラックバック一覧です: 閑院宮邸跡:

« 圓徳院で雪月花 | トップページ | 平安女学院のクリスマスイルミネーション★ »