« 広島のドッグパークの崩壊 | トップページ | 日本国語大辞典 »

若冲にひたるの巻

今日は仕事が休み。
待ちに待った「プライスコレクション 若冲と江戸絵画展」へ朝から出かける。
平日なので、人もそれほど多く無い。ゆっくりと鑑賞できた。
初めて見る若冲の「鳥獣花木図屏風」、コトバないです。堪能しました。
「鶴図屏風」のシンプルさは、禅の境地みたいな感じ。
大好きな芦雪も何点か見ることができた。
京都展での見どころは、窓が大きく開かれた空間を利用しの自然光での展示で、酒井抱一の「十二か月花鳥図」12幅が、一列に12の床の間に展示されるという趣向。
今回、昼前に見たので、次回は、夕方に訪ねることにしよう。
公式ブログは、情報満載でおもしろい。

プライスコレクションを堪能した後、細見美術館の地下のカフェキューブでランチ。
ひとりでちょっと贅沢した後、「江戸琳派 抱一・其一の粋」を鑑賞。
江戸琳派の展示を見て感じたのは「キレイ」ということ。手もとに置いて愛でたいものばかりだった。掃き清めた座敷の床の間に飾って、は〜、ほ〜と眺めていたい。

最近のマイブームは江戸絵画。
辻惟雄氏の『奇想の系譜』を読み返し、思いがどんどんとつのる。
来月から教育テレビ「NHK知るを楽しむこの人この世界」で、「ギョッとする江戸の絵画(辻惟雄)」が始まるのも楽しみ。

さて来月は、奈良へ芦雪を見に行くぞ!
(奈良県立美術館「天才と奇才の師弟 応挙と芦雪」10/7〜12/3)

|

« 広島のドッグパークの崩壊 | トップページ | 日本国語大辞典 »

「お気楽な毎日」カテゴリの記事

コメント

ヤギさん、ししまるさん、コメントありがとうございます♪

出光美術館の風神雷神図、よっぽど日帰りで行こうかと思案しましたが断念。今日までですよね。
「伴大納言絵巻展」もそそられます。
10月に井上道義さんのコンサートに東京へ行こうと思っていたのですが、行けそうにありません。

先月は、石川県立美術館でも「信貴山縁起絵巻」の全巻展示を開催されていましたが、これも行けませんでした。

行こうと思ったら、すぐに行動しないとダメですね。機を逃してしまいます。
人生は短いのに。。。

投稿: ヨウダ | 2006.10.01 10:59

プライスコレクション、良かったですよね。東博でみましたが、私の中では、河鍋暁斎や芦雪がお気に入りです。
ヤギさんの書かれている出光もとっても楽しみです。見逃せません!!
実は芦雪の大ファンなのです。奈良へ行かなきゃ!?

投稿: ししまる | 2006.09.30 16:29

ヤギです。今日は。
プライスコレクション、行かれたのですね♪
ヨウダさんの記事を読んでビックリ。京都展では酒井抱一の12幅の画を床の間にかけて展示してるのですね!しかも自然光で!見たいなぁ。やはり、掛け軸は床の間で見るのが一番ですもの。
ところで、先日、出光美術館で宗達・光琳・抱一の風神雷神図を見て参りました。三点を同時に比較して見られるのでその違いが良く分かり、とても面白い展示会でした。次の企画展は「伴大納言絵巻展」。上・中・下の三巻展示されるそうです。ヨウダさん、確か10月は東京に来られる・・・と前に書いてましたよね?
もし時間が合えば是非!私も勿論行くつもりです。
では!

投稿: ヤギ | 2006.09.30 15:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/12078732

この記事へのトラックバック一覧です: 若冲にひたるの巻:

« 広島のドッグパークの崩壊 | トップページ | 日本国語大辞典 »