« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

知らない間に

知らない間に、平安宮の石碑が3本も増えていました。
2本目までは知っていましたが、先月3本目が建立されたそうな。
今日、写真を撮って来たので、週末に記事にして平安京探偵団にアップします。
地図も作り替えなきゃならないなあ。。
乞うご期待。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水遊び

京都は毎日暑いです。
今日は京都御所の出水で水遊び。
クイルは怖がりなので、おそるおそる足をつけてました。
by マック
0607271

0607272

| | コメント (2) | トラックバック (0)

還幸祭

060724

祇園祭の還幸祭の写真を撮りに行きました。
仕事で使うかもしれないからと、一眼レフデジカメをひっさげて行きましたが、いい感じに撮れたのはほんの数枚。情けない。

上の写真は、駒形稚児。
駒形稚児とは、祇園祭の神幸祭・還幸祭で、神輿を先導する役。
その胸元には、馬の形をした御神体「駒形」をつけています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第16回平安京・京都研究集会

本日は、第16回平安京・京都研究集会が開催されました。
テーマは「都の東と西〜中世・近世 洛外の交通」。
報告内容は、
福島克彦氏「中近世移行期洛外の交通と街道集落」
河内将芳氏「汁谷口と汁谷越」
上田純一氏「東寺口と西国街道」
玉城玲子氏「京都近郊と西国街道」
藤原良章氏「東国の道についてのコメント」

以前、平家都落ち追体験をしようと、西国街道・久我畷手を一人でぶらぶら探偵したこともあって、興味深く拝聴。その時に疑問だったことがわかったし、新たに調べよう思うこともでてきて、自分の中では大収穫。

同時に、わたしのお仕事は、自社の本売り。
平安京・京都研究集会から生まれた平安京・京都叢書第1巻が、文理閣から出版されました。
高橋昌明編『院政期の内裏・大内裏と院御所』(本体価格6000円)。
この時代について書かれた専門書は少ないので、今後、基本図書の1冊になるのは間違いないと確信しています。売れ行きも好調★


| | コメント (0) | トラックバック (0)

復活したいの巻

060722

突然、変な写真ですみません。
わたしの部屋に飾ってあるお気に入りの写真です。
1998年、中国の漢代の墓をまわるツァーに参加した時のもの。
背景は満城漢墓。
墓室まで登るためのロープーウェイにダンナさんと揺られています。
写真を撮られていることを意識していなかったので、自然な姿で写っています。

8年前の自分、本当に楽しそうです。
今の自分を、何年か後の自分が、楽しそうだと思えるように、毎日を過ごしたいもの。

ここ数週間、公私とも多忙で、沈没していました。
平安京探偵団も含めて、そろそろ復活したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »